ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

3人目だから早いはず。なのにお産が進まない! 不安を消してくれた助産師さんの言葉

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

長男・次男・長女の3人の母です。転勤族の我が家は、3人とも違う産院で生まれています。

長男は、予定日を6日超えた頃に自然と陣痛が来て、10時間ほどで生まれて来てくれました。

次男は、予定日10日越えではありましたが、自然に陣痛が来てのスピード出産で、陣痛から3時間もない驚きの早さで生まれて来てくれました。

我が家の3番目の長女のお話。

上2人の子どもたちが予定日超過だったこともあり、今回も予定日は過ぎることを想定していたのですが、陣痛から出産までが驚きの早さだった次男のこともあったので、「陣痛がきたら早く病院に行かないと!!」という思いだけがありました。

予定日を2日過ぎた頃、前回と同じく、朝方になって定期的な張りがくるではありませんか!!

「予定日過ぎてまだ2日だけど!?陣痛なの?前駆かな?」という思いもありましたが、念のため急いで病院へ。

助産師さんに見てもらうと、子宮口はまだまだ3センチほど。ということではありましたが、経産婦ということもあり、入院することになりました。 関連記事:まるで痛い痛い詐欺? 1カ月前から前駆陣痛があったのに、まさかの予定日超過!

お産自体はするする~と進むと思いこんでいた私…。そこからが長い道のりでした。

強い陣痛が来ていたものの、遠のいてしまったので病院の中を歩く歩く。

時間だけがどんどんと過ぎていく、早朝に病院へ着いていたのが、お昼を過ぎて。

パパも子どもたちも近くにいたので、焦りと戸惑いが交錯し悲しくなって泣けてきてしまいました。

トイレでこっそり泣く私。それでも、陣痛は強くならない。

15時ごろ、様子を見に来てくれた先生がバルーンをいれて様子を見てみることを提案してくださり、提案通りにすることに。人生初のバルーン。

「痛いのかな?どうなるんだろう?ちょっと怖いなぁ」

なんて思いながらも、まったく痛みなどなく、入っていることも分からないほどで処置は終了。

それでも陣痛は来ない。強くならない。地味な痛さだけが続く辛さ…。

夕方になって、夜ご飯は家で食べたいからとパパと2人の子どもたちは家に帰ることに。病院までは40分かかるのですぐに駆けつけることは不可能。

だけど、パパたちが近くにいると、申し訳ない気持ちで心が押しつぶされそうだったので「1回家に帰って待ってて。ここで待つのも大変だろうから」と伝えた。

「なんで?なんで生まれてきてくれないんだろう?次男は早かったのに…」気づくと、助産師さんに気持ちを打ち明けていた。普段はこんなこと人には言わないタイプの私。

だけど、助産師さんは、「うん。うん」と背中をさすりながら優しく聞いてくれる。

「3人目だから、早く生まれるって思ってたんだよね」って優しく言ってくれる。

私はもう大号泣。そんな私に、「助産師やってるとね、いろんなお産を見て来てるわけなんだけどね。3人目ちゃんはね…予想を超えてくる子が多いんだよ!!だから、大丈夫!この子も元気に産んであげようね」という素敵な言葉をくれた。

この言葉をもらった私は、とっても納得ができて、「なーんだ!そういうことか!」と安心した。 関連記事:3回目でもたった一人で陣痛に耐えるのは辛すぎる!孤独に耐えられず送った夫へのメール by マルサイ

安心したらお腹が空いてきて、朝も昼も食べてなかったことを思い出し、夕食をぱくぱく。ぱくぱく。ぱくぱく…?なんか痛いような…痛い!!

「えー!!なにこれ!?本陣痛だ!」と直感したのが18時半頃。急いでパパに連絡するように言われ、トンボ帰りのパパと子どもたち。ここからがもう、早くて早くて!

19時過ぎに破水したときには、助産師さんも大慌て。さっきまでのんきに泣きながら話をしていたのに、急展開にてんやわんや!

助産師さんに「生まれるから移動して!」と言われるものの、まだ皆が来てない!!

分娩室に入る間際にパパたち到着!パパが「え!?なになに?え!?生まれるの!?今!?」と焦っているのが見えるけど、痛みで笑えない…。

分娩室に入って数分、数回のいきみをして、最後のいきみの時に、助産師さんが「目をつぶらないで!ほら!頭見えて来てるから見てごらん」と伝えてくれる!

初めて生まれる瞬間に目を開けて、見ることができた娘の誕生!!

もう、これを書いている今でさえ思い出すと涙が出てくる、本当に素敵なお産となりました。

家族みんなで立ち会えた奇跡!

3人産みましたが、3人目が一番悩み、泣き、病院にいる時間も長かったのに、助産師さんのおかげで、3人目が一番素敵なお産になりました。本当に、助産師さんに感謝です。

お産は人それぞれというけれど、兄弟でも違います。予定日を超過したり早かったり。前駆陣痛に悩まされたりなどいろいろあるけれど、これから出産を迎えるお母さん方。

生まれてくる赤ちゃんの思いやお母さんの思い、そういった思いをたくさん感じて、素敵なお産になることを願っています。元気な赤ちゃんが生まれますように。

著者:ひなぽー

長男・次男・長女の3人のお母さん。

3人の育児はいろいろあるけれど、出産の時を思い出すとそれぞれにドラマがあります。私の経験が誰かの励ましになりますように☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

産後1、2日目がピークの後陣痛。陣痛よりは弱めだけど、重い生理痛よりは強めな痛み…
陣痛間隔10分おきなのに?!「お家に帰っていいですよ」って、嘘でしょ? byやまもとりえ
子宮口チェックは大切なバロメーター。1cm開くごとに「よし!ゴールが近付いてる!」by こたき

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。