ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

シンガー・渋谷三成。大切にしている「出会い」について地下アイドル・恥レスが突撃取材

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

地下アイドル『恥じらいレスキューJPN』は、日本の困ったを救うために日々活動している。“困った”を救うためには、色んな知識が必要だ! そこで、日本で活躍する社長に会いにいき、今の日本を探るのだ!

 

今回は、長年老舗ライブハウスでボーカルを務めるシンガー・渋谷三成さんにインタビューしてきました!都内や横浜のライブハウスで活躍されているシンガーの渋谷三成さんは、24歳まで地元鳥取でサラリーマンをしていたそうです。

 

「シンガーになりたいという気持ちは前々からあったけど、田舎なので“歌手になりたい”ということが恥ずかしくて言える環境じゃなかったんですよ。でも、23歳の時に米倉利紀さんのLIVEを見た時、やっぱりシンガーになりたいと強く思って歌手への道を決意。でもやっぱり周りには、今からじゃ遅いと反対されて迷いました。でもこのままシンガーを目指さなかったら数年後、絶対に後悔するって想像できちゃったんですよね」

 

 

と、強い思いで今の道を目指したと話してくれた渋谷さんは、壁にぶち当たった時も“自分自身で道を切り開いてきた”という自信を感じました。でも、世の中はやっぱりそんなに甘いものじゃない?! 

 

なんのつてもない、なんの仕事もない、”ないない”だらけで日々不安が募ったそうです。そんな中、チャンスを手にしたきっかけも自分発信。「新宿で働けば出会いがあるだろう」と、新宿のビリヤード場で働き始めたのが第一の転機になったそうです。

 

「最初は単なるバイトを日々繰り返すだけで勿論不安はぬぐえませんでした。でもある日、上京してからできた知り合いにバイト先を紹介されて、働く場所を変えてみたんですよね。そうしたら、歌の仕事に関する業界の人達と出会うようになったんです。そこで『自分、歌をやってるんです』と、とにかく売り込みました。それと同時によく聴いていたJ-POPだけでなく、周りの人の話に出るようなオールディーズなんかもを聴いたり練習したりしているうちに、歌う仕事が舞い込んできたんですよ」

 

と、欲しいものを手に入れた渋谷さんでしたが当時、やりたいことが少しずつやれるようになると共にどんどん自分の欲求が高まり、新たな夢が出来たんだそうです。

 

「出来ることが増えてくると、今度は人の下で働くと言うよりは、自分の力で自分のやりたい事をしたいとか思い始めたんですよね。歌以外の事にも興味を持ったりして、バーテンをしていたこともあるんです。でも、やっぱり歌がやりたいと思って歌の世界に戻るんですが、今度は誰かの指示じゃなく、自分のスタイルで歌っていこうと決めました」

 

色々な経験を積み重ねた中で、気を使いながら自分のやりたい事が出来なかったり、誰かとモメたりするのがとっても嫌だったので個人でやっていく道を選んだんだと言います。

 

そんな経験の中で渋谷さんが大事にしていることが『出会い』だそうです。

 

「“思い通りにいかない事”“大変なこと”も沢山ありましたけど、今も歌が歌えているのは、昔お世話になったバンドマスターとの出会いが大きいんです。今でもアドバイスやチャンスを頂いていてます」

 

そんな先輩の影響からなのか、今後は周りの人たちが色々な場所で活躍できるような仕組みを作る役割を果たしたいと、さらに新たな夢に向かって動き始めているそうです。

 

最後に、同じ人前に出るお仕事をしている渋谷さんに、どうやったらファンの方が増えてくれるのか? お聞きしてみると

 

「あまりファンを増やしたいという意識はしていないんですよ。でも一つ気にかけているとすれば、バンドがいないと歌えない仕事なので、仕事の場ではグループ活動になるじゃないですか。そんな中で同じキャラクターや担当の人は二人もいらないって思っているんです。

 

自分しか持っていないもの、自分にしか出せないところ、これだけは誰にも負けないというところを見つけて、どれだけ出していけるかが勝負じゃないですかね? いい意味で開き直って、今の自分にはこれしかできません!と、自分の特徴を全力でアピールする姿を見せていくことが大切だと思うんです。

 

周りにやめたら、と言われても自分がやりたいならやるべき。とにかくガムシャラに! 一生懸命な姿は誰しも応援したくなるはずですよ」

 

と、当たり前のことながらなかなかできない事だったりする部分を、今回のインタビューで改めて再確認することができました。

 

“今応援してくれているファンに、毎回毎回ワクワクしてもらうには?”“これからファンになってもらうためにはどんな活動をすればいいのか?” 渋谷さんの話しを聞いて、毎回魅力ある恥じレスを一つ一つのLIVEに反映させていこうと思いました! 『やりたいからやる』というポリシーを大事にしてきた渋谷さんの『私はこういう人です』と堂々とした姿が、シンガーの先輩としてとてもかっこよかったです!

 

※インタビューを務めた星埜なつみ 写真:Twitterより @

 

渋谷三成

横浜ケントスをはじめとするライブハウスで活動中。

 

恥じらいレスキュー

恥じらいレスキューJPN Presents「恥じレスなめんなよ!vol.6」~ブラダ祭~

日程:6/18(日)

会場:新宿MARZ

時間:11:00 OPEN 11:30 START(予定)

出演:恥じらいレスキューJPN、and more

関連記事リンク(外部サイト)

祭囃子系アイドル『はっぴっぴ』を突撃!アイドルがアイドルの実態を調査してわかったこと
恥じレス・なつみこがフォトグラファー清水隆行に聞いた人気アーティストから依頼される理由
「自分なりにお客様がHAPPYになる方法を探せ」!地下アイドル「恥じらいレスキューJPN」が日本を探る
フランス語と英語上達のための国際交流シェアハウスOPEN!
木村佳乃も興味津々。デューク更家が手がけた「怒らない体操」で、怒りの感情をコントロール!!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。