体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旬絶景にホタル!初夏にこそ行きたい♪白馬・小谷のおすすめ観光スポット【長野】

八方池

長野県の白馬・小谷エリアと言えば、雪やスキーが有名ですが、楽しみは冬だけではありません!今回は初夏の白馬周辺の新たな魅力をご紹介致!この時期だけ見られる、残雪の北アルプスと新緑の裾野が広がる絶景や、雄大な景色をバックに初夏の訪れを告げる水芭蕉など、この時期にしかできないコト。見られないモノ。思いっきり楽しみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

八方池

池に映る「逆さ白馬三山」広がる景色はまるで絵葉書。

八方池残雪の北アルプスと新緑の裾野が広がる絶景が見られるのは、この時期だけ

別名鏡池とも言われ、好天で風の無い日は、白馬連峰が池に映る絶景を見ることができる。八方池までは初心者でも気軽に挑戦できるトレッキングコースが整備されている。 八方池

TEL/0261-72-3066(八方インフォメーションセンター)

住所/長野県北安曇郡白馬村北城

営業時間/夏季(6月3日~10月29日)ゴンドラ利用:8時~17時(繁忙期は早期運転あり)

定休日/なし

料金/ゴンドラアルペンライン:中学生以上(往復)2900円、小学生(往復)1750円

アクセス/電車:北陸新幹線長野駅より白馬直通シャトルバスで1時間10分、ゴンドラとリフトで30分、徒歩1時間30分

車:上信越道長野ICよりR19経由で50分、ゴンドラとリフトで30分、徒歩1時間30分

駐車場/1100台

「八方池」の詳細はこちら

栂池自然園

白馬の雄大な景色をバックに水芭蕉が初夏の訪れを告げる。

栂池自然園見ごろに合わせ水ばしょう祭りが開催される。今年は6月23日(金)~25日(日)予定

6月中旬になると一斉にミズバショウが開花。最盛期には湿原一面に広がる様子を木道から楽しめる。園内に咲く可憐な高原植物をジックリ観察しながら、爽やかな空気でリフレッシュ。 栂池(つがいけ)自然園

TEL/0261-82-2233(小谷村観光連盟)

住所/長野県北安曇郡小谷村千国乙

営業時間/8時~17時15分

料金/入園料:中学生以上300円、小学生250円、ゴンドラ・ロープウェイ:中学生以上(往復)3300円、小学生(往復)1800円

アクセス/電車:北陸新幹線長野駅東口より特急バス長野・白馬線で1時間30分、終点より徒歩5分、ゴンドラとロープウェイで25分、終点より徒歩8分

車:上信越道長野ICよりR19経由で1時間30分、ゴンドラとロープウェイで25分、終点より徒歩8分

駐車場/300台

「栂池自然園」の詳細はこちら

白馬ライオンアドベンチャー

空・川・湖!大自然のアクティビティをまるごと!

白馬ライオンアドベンチャー地上30mからの風景。北アルプスの山々に手が届きそうな絶景が広がる 白馬ライオンアドベンチャー雄大な自然を水しぶきと景色で感じよう

熱気球やパラグライダー、ラフティングにカヤックなどアクティビティならおまかせあれ!上空からの景色を楽しむ派?それともダイナミックな自然を体感する? 白馬ライオンアドベンチャー

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。