体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

牡鹿半島の観光スポット18選

牡鹿半島の観光スポット18選

牡鹿半島(おしかはんとう)は、宮城県の北東部にありますが、あまり馴染みがないという人も多いかもしれません。太平洋側に南東に向かって伸び、石巻市南東部や牡鹿郡女川町などの市町村がある牡鹿半島には、歴史ある史跡と自然の見どころがいっぱい。

そんな牡鹿半島の観光スポット18選をご紹介します。

*編集部追記
2017年6月公開の記事に、新たに3ヶ所を追加しました。(2017/10/29)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

牡鹿半島に行ってみての感想

Photo by pixta

私が牡鹿半島を訪れたのは夏で、気候も良く過ごしやすかったです。リアス式海岸特有の変化に富んだ海岸線を持つ牡鹿半島。入江ごとに異なる展望を楽しめ、半島の尾根の部分を縦断する「牡鹿コバルトライン」は風光明媚な観光道路として人気が高いです。牡鹿半島の自然豊かな風景を満喫するには、やはり車で旅行するのが一番!

漫画家・石ノ森章太郎氏のミュージアム「石ノ森萬画館」もあるので、ファンなら絶対に足を運びたい場所です。

牡鹿半島にある金華山は、3年続けてお参りするとお金に困ることがないと言われています。しかしながらアクセスは難しく、週末に女川の潮プランニングや鮎川からの定期船が1日1往復程度あるのみ。しかしながら、その分訪れたときの喜びはひとしおです。
 

ベストスポット

いさむさん(@isamu__buzz)がシェアした投稿 – 2017 4月 23 4:49午前 PDT

私がおすすめするのは、県立自然公園旭山です。標高174メートル、山頂には約3ヘクタールの芝生が広がっており、桜の名所としても人気!ソメイヨシノや山桜などが一帯に咲く姿は、まさに圧巻です。

私が訪れたのは夏だったので、木々の緑が美しく、とても気持ちが良かったです。山頂までの登山道は約800m続いており、ハイキングにもぴったりです。晴れた日に山頂から眺める田園風景も素晴らしいので、牡鹿半島を訪れたならぜひ足を運んでみてください。
 

1.釣石神社

uri 🌻さん(@nc2_3)がシェアした投稿 – 2016 3月 18 8:48午後 PDT

神社の参道横にある御神体の巨石が、しめ縄で釣り上げられたように見えることからこの名前がついたという「釣石神社」。今にも動きそうで動かないこの巨石は、昭和53年の宮城県沖地震の際にもまったく影響を受けなかったそうです。

「落ちそうで落ちない受験の神様」として、多くの受験生が合格祈願に訪れているのだそうです。
■詳細情報
・名称:釣石神社
・住所:宮城県石巻市北上町十三浜字追波
・アクセス:車で三陸自動車道河北ICより約40分
・電話番号:0225-25-6345
・公式サイトURL:http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/-kanko/-kkankomap/d0150/20130225111648.html

 

2.石巻日和山公園

コス or yukieさん(@_color_cosmos)がシェアした投稿 – 2017 5月 21 1:53午前 PDT

石巻の街を見下ろす高台に位置する「石巻日和山公園」。頂上からは、太平洋と牡鹿半島、網地島、田代島など、周辺の島々が一望できます。公園までは坂道ですが、登りきった後の風景を楽しみに登りましょう。
■詳細情報
・名称:石巻日和山公園
・住所:宮城県石巻市日和が丘2丁目2
・アクセス:仙石線・石巻線石巻駅から徒歩で20分
・電話番号:0225-95-1111 石巻市産業部 観光課
・公式サイトURL:http://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10452000b/-kanko/-kankomap/d0050/20130224152525.html

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。