体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徹底レポート】完璧プランニングで、ユネッサンの「遊び」と「癒し」の全てを味わい尽くす1日

【徹底レポート】完璧プランニングで、ユネッサンの「遊び」と「癒し」の全てを味わい尽くす1日 ユネッサンメイン

箱根にある温泉施設「箱根小涌園ユネッサン(以下、ユネッサン)」。名前はよく耳にするが、一体どんな施設なんだろう?イメージとしては、でかくて、広くて、色んな温泉やプールが充実している温泉テーマパーク。

そんな、ぼんやりとしたイメージのまま訪れ、ただ漫然と遊んでもそれはそれで楽しいのだと思う。だが、せっかくなら施設の特徴、混雑時間帯、イベント情報なども加味し、その魅力を髄まで味わい尽くす完璧なプランで挑みたい。せっかく箱根まで行くんだし。

というわけで、今回はユネッサンビギナーでも120%楽しめる、最高の方法を実践してみた。

なお、今回のプランを立てるにあたり、アドバイザーとして協力してくれたのはスタッフの山田さん。笑顔が素敵な入社3年目である。入社以来ずっとユネッサン配属だという山田さんのアドバイスも加味しながら、ユネッサンの最高プランをご紹介していく。

スタッフの山田さん

ユネッサンを120%楽しむ方法その1

「来館は朝イチ! 一番温泉を狙うべし!」

「まず、来館はオープン直後がおすすめです」と山田さん。オープンは午前9時からなので、東京から向かう場合でもなかなかの早起きが必要となるが、確かにその価値は十分にある(と、いうことをこのあと説明します)。

というわけで、一番風呂を狙い、箱根ロマンスカーとバスを乗り継いでユネッサンにやってきた。時刻は朝9時。お客さんはまだ僕ひとりだ。マスコットとの写真も撮り放題である。

館内入口

館内入口を入ったすぐのところには顔はめパネルがあった。こちらもはめ放題。

顔はめ

また、入口からフロントまでの間には充実の土産コーナーがあり、ここでも一人で土産を物色し放題。一番人気の「カリントまんじゅう」も、レジに並ばずすぐ買える。なるほど、朝イチの快適性がなんとなくわかってきた。

カリントまんじゅう

なお、何か持ち物は要りますか? と事前に伺ったところ「手ぶらで来てください」と山田さん。そう、ユネッサンは水着の販売・レンタルはもちろん、タオルの無料貸し出しなどもあり、身体ひとつで遊べる点も魅力なのだ。

水着 タオルの無料貸し出し

入口ゲートすぐのショップ「uki uki」には豊富な水着に加え、ビーチボールにゴーグルなども充実。さらには、こんなものまで……。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy