ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【徹底レポート】完璧プランニングで、ユネッサンの「遊び」と「癒し」の全てを味わい尽くす1日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【徹底レポート】完璧プランニングで、ユネッサンの「遊び」と「癒し」の全てを味わい尽くす1日 ユネッサンメイン

箱根にある温泉施設「箱根小涌園ユネッサン(以下、ユネッサン)」。名前はよく耳にするが、一体どんな施設なんだろう?イメージとしては、でかくて、広くて、色んな温泉やプールが充実している温泉テーマパーク。

そんな、ぼんやりとしたイメージのまま訪れ、ただ漫然と遊んでもそれはそれで楽しいのだと思う。だが、せっかくなら施設の特徴、混雑時間帯、イベント情報なども加味し、その魅力を髄まで味わい尽くす完璧なプランで挑みたい。せっかく箱根まで行くんだし。

というわけで、今回はユネッサンビギナーでも120%楽しめる、最高の方法を実践してみた。

なお、今回のプランを立てるにあたり、アドバイザーとして協力してくれたのはスタッフの山田さん。笑顔が素敵な入社3年目である。入社以来ずっとユネッサン配属だという山田さんのアドバイスも加味しながら、ユネッサンの最高プランをご紹介していく。

スタッフの山田さん

ユネッサンを120%楽しむ方法その1

「来館は朝イチ! 一番温泉を狙うべし!」

「まず、来館はオープン直後がおすすめです」と山田さん。オープンは午前9時からなので、東京から向かう場合でもなかなかの早起きが必要となるが、確かにその価値は十分にある(と、いうことをこのあと説明します)。

というわけで、一番風呂を狙い、箱根ロマンスカーとバスを乗り継いでユネッサンにやってきた。時刻は朝9時。お客さんはまだ僕ひとりだ。マスコットとの写真も撮り放題である。

館内入口

館内入口を入ったすぐのところには顔はめパネルがあった。こちらもはめ放題。

顔はめ

また、入口からフロントまでの間には充実の土産コーナーがあり、ここでも一人で土産を物色し放題。一番人気の「カリントまんじゅう」も、レジに並ばずすぐ買える。なるほど、朝イチの快適性がなんとなくわかってきた。

カリントまんじゅう

なお、何か持ち物は要りますか? と事前に伺ったところ「手ぶらで来てください」と山田さん。そう、ユネッサンは水着の販売・レンタルはもちろん、タオルの無料貸し出しなどもあり、身体ひとつで遊べる点も魅力なのだ。

水着 タオルの無料貸し出し

入口ゲートすぐのショップ「uki uki」には豊富な水着に加え、ビーチボールにゴーグルなども充実。さらには、こんなものまで……。

バストアップパット

バストアップパットである。素晴らしい気遣い(?)だ。

ちなみに、ショップでは特に女性用水着のバリエーションが充実していた。色・デザインかぶりを気にする乙女心にもしっかり対応。

女性用水着

こちらはショップ入口にディスプレイされていた、4タイプの水着。なんとなく、イケイケな4人組という感じがする。リーダーはたぶん右から二番目だろう。個人的なタイプは一番右だ。

ユネッサンを120%楽しむ方法その2

「貸切状態の大浴場でスイムすべし!」

さて、そんなこんなで準備は万端。いよいよユネッサンの内部へ潜入だ。ちなみに、ここまでスタッフさん以外とは誰ともすれちがっていない。貸し切り状態である。朝イチのユネッサンは本当に空いている。

入口に着くと、まずお花の首飾りの歓迎。

お花の首飾りの歓迎

そして、そのまま記念撮影。

記念撮影

そんな儀式を経て、通路を抜けるとユネッサンのメインスパ「神々のエーゲ海」がお目見えする。このひろ~い温泉スパを独占できてしまうのも、朝イチならではの特権だ。

大型スパ・神々のエーゲ海

わーい! エーゲ海独り占め~!

クロールだってバタフライだってし放題。まあ僕は泳げないのでじつは犬かきなのだが、誰も見ていないから恥ずかしくない。

大型スパ・神々のエーゲ海

ちなみに、朝の10時を過ぎたあたりから人が増え始めるため、貸し切り状態を狙うならやはり開園からの1時間程度。

夏休みなどの繁忙期でも、この時間帯であれば比較的空いているようだ。このゴールデンタイムを逃さず、ぜひ、思いっきりはしゃいでいただきたい!

ユネッサンを120%楽しむ方法その3

「変わり種風呂の“投入パフォーマンス”を独占すべし!」

さらに朝イチには、もう1つメリットがある。それがこちら。

コーヒー風呂

こちらの黒い液体、じつは本物のコーヒーなのだ。ユネッサンには、温泉で抽出した本物のコーヒーが注がれる「本格コーヒー風呂」や、「ワイン風呂」などの変わり種の風呂があり、1日3回、コーヒーやワインを追加投入する「投入パフォーマンス」を実施している。

その初回の投入が、オープン直後の9時30分(本格コーヒー風呂)。まだお客さんが少ない時間帯なので、かぶりつきで浴び放題である。

一番コーヒー

しかも、初回はドリップしたての“一番コーヒー”を浴びられる唯一のチャンス。淹れたての香り豊かなコーヒーを全身で受け止めるなんて、他ではまず味わえない体験だ。

一番コーヒー

でも、そんなコーヒーなんて浴びちゃって大丈夫なの?体に悪くないのって?

あれ、ご存じないです?

コーヒー風呂には疲労回復・リラックス効果などの効能があることを。どれも今の僕に必要な効能ばかりなので、ここぞとばかりにたっぷりと補給しておいた。

一番コーヒー

続いてはワイン風呂へ。

ワイン風呂

こちらの「ワイン風呂」、古くはクレオパトラやメアリー女王も愛したのだとか。

ワイン風呂

なお、こちらでも本物のワインを投入するパフォーマンスが1日3回行われ、初回は午前10時。モーニングコーヒーを浴びたあとは、立て続けに今度はモーニングワインを浴びよう。

ワイン風呂

背景のお湯の色も相まって、なんだか地獄みたいな写真になってしまったが、こんな地獄なら何度でも来たい。

さて、コーヒー、ワインときて、次に訪れるべきは「ドクターフィッシュの足湯」コーナー。そう、人間の足の古い角質などを食べてくれるアイツだ。こちらも初回のオープンが10時半~12時なので、コーヒー、ワインとはしごした後に訪れるとちょうどいい。

ドクターフィッシュ

さっそく足湯に浸かると、飢えたフィッシュたちが一斉にむらがってくる。しかし、これはけっして僕の足が古い角質だらけというわけでなく、朝イチで魚が腹ペコだったから。

ドクターフィッシュ

ただ、くすぐったい。猛烈にくすぐったい!

ドクターフィッシュ

思わず「あひゃぅん」という情けない声が漏れるが、この時間帯はまだ空いているので心配ご無用。思う存分に悶え、あえいでしまおう。

ドクターフィッシュ

「うううぅぅ~ん」

と、このように、朝イチで訪れ「神々のエーゲ海」→「本格コーヒー風呂(投入パフォーマンス)」→「ワイン風呂(投入パフォーマンス)」→「ドクターフィッシュの足湯」と体験する一連の流れが、効率的にユネッサンの人気風呂、イベントを楽しむのには最適なのかもしれない。

ユネッサンを120%楽しむ方法その4

「期間限定イベント風呂を楽しむべし!」

さて、ユネッサンには期間限定の「イベント風呂」があるのをご存じだろうか?

たとえば、僕が訪れたこの日は、こんな風呂があった。

午後の紅茶風呂

そう、「午後の紅茶風呂」である(2017年6月11日まで)。あの午後の紅茶とコラボした特別な風呂で、浸かると紅茶の良い香りに包まれる。茶葉になった気分だ。

見上げると大きなティーポットのオブジェが。細部までクオリティが高い!

午後の紅茶風呂

ちなみに、ここでも午後に2回(13時・15時)の投入パフォーマンスがあり、実際に「午後の紅茶 ストレートティ」で使用されている「ディンブラ茶葉」を投入してくれる。

午後の紅茶風呂

両手で受け止めると、紅茶の華やかな香りをより一層感じられる。いやあ、癒されるなあ……。

午後の紅茶風呂

まさに、ここでしか入れない風呂ばかり。趣向凝らしすぎでしょ!

あ、念のため言っておきますが、温泉は飲用ではないので、いくらおいしそうでもグビグビ飲まないようご注意を。

甘酒風呂

さらに、こうした変わり種以外にも、サウナやアロマルームも備わっているので、温泉で湯あたりしたときはこちらもおすすめ。特に、酒風呂の横にあるアロマルームは、季節ごとに変わるアロマの香りで心身ともにリラックスできる。

アロマルーム

ユネッサンを120%楽しむ方法その5

「午後に備えて、早めにランチをとるべし!」

ランチタイムのピークは12時~13時。そこで、ぜひ混雑する前に早めに席をとっておきたいところ。水着のまま食べられるレストラン「フォンターナ」で、“神々のエーゲ海”を見下ろせる特等席を確保しよう。

レストラン

注文したのは人気の「ハンバーグカレー」に串刺しのフルーツ、そしてチュロス。食べたいものを全部頼んだら、思いのほかわんぱくな感じになってしまった。

ハンバーグカレー ハンバーグカレー

うまい!カレーもハンバーグも、そして個人的には熱々サクサクのチュロスが最高にうまかった。なお、山田さんによれば夏休み期間中(7月15日~8月31日)は和洋中40種類の料理が楽しめるバイキングレストラン「大文字テラス」がオープンするそうなので、こちらもチェックしておきたい。

ユネッサンを120%楽しむ方法その6

「屋外エリアに打ってでるべし!」

さて、早めのランチで体力を回復したら、次は「屋外エリア」へ。こちらには家族で遊べるアトラクションや、箱根の山々を眺める展望風呂などがある。

まずは、屋外エリアのメインともいえるウォータースライダー「ロデオマウンテン」へ。

僕は今年27歳になるが、「でっかい滑り台」というのはいくつになっても興奮してしまうものだ。ましてや景色は最高。温水なので、寒さを気にせずロデオできるのもいい。

というわけで、行ってきま~す!

ロデオマウンテン

ちなみに、このあと5回滑りました。

さらに、先へ進むと、今年オープンしたばかりの「超絶景展望プール」がお目見え。名前の通り、箱根の山々の「超絶景」が目の前に広がる大きなプールだ。水深は120cmなので、子ども(身長110cm以上)にも泳げない僕にも優しい設計。

超絶景展望プール

その素晴らしい絶景に、泳げないクロールに思わずチャレンジしてしまうほどテンションが上がった。

さて、食後の運動が終わったら、さらにその奥にある「超絶景!展望露天風呂」に浸かろう。180度にわたって広がる箱根の外輪山、晴れた日には相模湾まで見えるとか。

超絶景展望プール

ユネッサンを120%楽しむ方法その7

「洞窟風呂で仲良くすべし!」

こちらはカップル向けの穴場スポット。屋外エリアの「洞窟風呂」だ。ムーディーなライトに照らされた薄暗い洞窟内は、カップルたちが仲良くするのにもってこいである。とはいえ、あくまで共用スペースなので、節度をもって仲良くしましょう。

洞窟風呂

ちなみに、僕自身にはそんな相手がいないので、その時のためにエアイチャイチャで練習しておいた。

洞窟風呂

まあ、別にカップルでなくても、神秘的な洞窟内で一人静かに瞑想にふけるのもいいですけどね。

おまけ

「思う存分遊んだら、『森の湯』で疲れを癒やすべし!」

思いっきり遊んだ後、夕方からはユネッサンに併設されている「森の湯」(別料金、共通パスポートあり)へ。こちらは本格的な露天風呂や陶器風呂、檜風呂(女湯のみ)などを備えた本格温泉施設。ユネッサンに比べると、ぐぐっと大人テイストだ。

名物はなんといっても、この露天風呂。

露天風呂

ご覧の通り、なんとも開放的。さらに夜にはこんな感じの雰囲気に。

露天風呂

寝湯では温泉に浸かりながら星空を眺めることもできてしまうという。なんだそれ、最高すぎるじゃないか。

というわけで、朝から午後にかけて体力のあるうちにユネッサンを遊びつくし、夕方からは「森の湯」でじっくり温泉で疲れをとる。

そして、星空を眺めながら今日の楽しかった思い出をふりかえる。これこそユネッサンの遊びと癒しの全てを1日で味わい尽くす、最高のプランだと僕は思う。彼女と一緒に来られたらもっと最高だったが、それはユネッサンではなく僕の問題なので仕方ない。

朝イチユネッサン

ともあれ、みなさんもぜひ「朝イチユネッサン」にチャレンジしてほしい。本当に、最高に楽しいから。 箱根小涌園ユネッサン

住所/神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1297

アクセス/JR小田急線小田原駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バスで約40分、小涌園下車すぐ

営業時間/ユネッサン(水着エリア)は9:00~19:00(最終入場は終了の1時間前まで。シーズンにより営業時間延長の場合あり)、森の湯(温泉エリア)は11:00~20:00(最終入場は終了の1時間前まで。シーズンにより営業時間延長の場合あり)

料金/ユネッサン(水着エリア)は大人2900円、子ども1600円、森の湯(温泉エリア)は大人1900円、子ども1200円、ユネッサン・森の湯共通パスポートは大人4100円、子ども2100円(いずれもシルバー・障がい者割引あり)

「箱根小涌園ユネッサン」の詳細はこちら

記事配信:じゃらんニュース

※この記事は2017年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

絶景にデートにスゴすぎる動物園がランクイン!週間ランキング人気記事TOP10(17/05/29~17/06/04)
癒し効果抜群♪日帰りOK!絶景温泉のおすすめ露天風呂10選【東北】
九州屈指の温泉地!新緑が輝く鹿児島県・霧島の立ち寄り温泉へ♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。