ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂ひとり暮らしの何が大変かって、そう、メシですよね、メシ。外食ばかりだとカロリーや栄養バランスが気になるし、自炊しても食べ切れなかったりしてもったいないし、何よりいちいち作るのはシンプルに面倒で…。手頃で栄養価も高くて、かつ、居心地のいいお店があったなら。 そんなどこか身勝手にも思える望みを叶えてくれる食堂が、ありましたよ。神奈川県相模原の淵野辺にーー。

えっ、100円でこんな朝ごはん
食べられるの…?

入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

「おはようございます。朝ごはん、できました!」と毎朝SNSに投稿される一枚の写真。

この日はやわらかなオムレツと切り干し大根、いんげんの胡麻和えに白ご飯と具だくさんのお味噌汁のセット。一汁三菜で栄養バランスに優れ、なによりおいしそう。しかもこの朝ごはんが100円(!)で提供されているというから、毎朝でも通ってしまいそうですね。入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

昼ごはんと晩ごはんの定食はメイン(この日は魚の煮付け)と副菜二品、雑穀米にお味噌汁がついてボリュームたっぷり。こんな定食もワンコイン(500円)という良心的なお値段なので、2015年12月のオープン以来、たくさんのお客さんがこの「トーコーキッチン」という名の食堂に足を運んでいます。

あなたも、ぜひ…と言いたいところですが、この食堂に入るには、ある“資格”が必要なのです。

一膳のごはんに想いを込めて…
健康と安心を届ける食堂

入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

photograph by Kenta Hasegawa

その資格とは、「(運営元である)東郊住宅社が管理するお部屋に住んでいる」ということ。つまり、トーコーキッチンは入居者向けサービスの一環であり、食堂のドアもお部屋のカードキーで開く仕組みになっています(とはいえ入居者同伴であれば何人でも入店でき、うれしいことに初回限定で誰でも利用可能です!)。

そもそも淵野辺周辺には大学が複数あるため学生さんの入居者が多く、またひとり暮らしの高齢者の増加を受けて手軽に食事ができる食堂へのニーズが高まっていたことから食堂のオープンに踏み切ったそうです。

おいしくて栄養豊富な食事の提供は学生さんの健康促進のみならず、きっと、その親御さんへの“安心”の提供にもつながりますよね。学生時代にこんな食堂があったらなあ(遥か遠目…)入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

photograph by Kenta Hasegawa

下記のとおり、実際の利用者からの評判もすこぶる上々。

値段も味も良いのですが、何よりも健康を考えたメニューであることが嬉しいですね。

料理も美味しく値段も良心的です。料理の内容をスタッフの方々が親切・丁寧に説明してくれた事に好感を持ちました。

店内も明るくお洒落で安心して食事が楽しめました。

100円で、このお料理はとても満足しました。

トーコーキッチン、
それは人と地域の栄養源

入居者だけの“おいしい”特典!毎食でも通いたいハートフルな食堂

photograph by Kenta Hasegawa

入居者への質の高いサービス提供ということに加えて、地場食品の採用、近隣商店からの仕入れ、入居者の雇用なども積極的に行うことで、地域をどんどん活性化していきたいという思いもあるそう。

その取り組みが高く評価され、2016年にはグッドデザイン・ベスト100、および特別賞(地域づくり)も受賞したトーコーキッチン。営業時間は朝8時から夜20時まで(定休日なし・年末年始を除く)。前述したとおり初回は誰でも利用可能なので、ぜひ一度ご来訪あれ。個人的には子どもたち連れてキッズプレート(300円)食べに行きたいな。 Licensed material used with permission by 東郊住宅社

関連記事リンク(外部サイト)

年を重ねるのは素晴らしい。新しい時代の高齢者像とは?
丁寧な暮らしを「一人暮らし」で実現するための5つの習慣
「東京ごはん映画祭」は美味しい食事と映画の欲張りセット!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。