体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スバル アイサイトの安全技術に感動の声! 自動車学校で行われた体験試乗会をレポート!

▲スバルの「アイサイト」ってご存じでしょうか。名前は知っているけど、実際に体験したことのある人は少ないのでは? 今回はそのアイサイトの体験試乗会についてレポートします

▲スバルの「アイサイト」ってご存じでしょうか。名前は知っているけど、実際に体験したことのある人は少ないのでは? 今回はそのアイサイトの体験試乗会についてレポートします

もしかすると事故に……そんな経験ありませんか?

いきなり暗い話題で申し訳ないのですが、ここ最近、高齢者の自動車事故のニュースをよく耳にしませんか? 軽めの自損事故だけでなく、命にかかわる事故も起きているのが現状です。だからといって、高齢者は車に乗ってはダメ、というのもちょっと無理な話。公共交通機関の発達した都市部なら電車やバスのみで移動可能ですが、日本のほとんどの地域では車の運転は必須でしょう。

「私はまだ若いから大丈夫」なんて思った方も要注意! これまで運転してきて「ヒヤリハット」経験、ありませんか? 旅行に行った帰り道にふいに眠気が襲ってきたり、約束の時間に遅れそうで急いでいたり……心当たりのある方も多いのではないでしょうか。高齢者ドライバーによる事故が多いのは事実ですが、それ以外の方も他人事ではないんです。

安全運転を心がけることはもちろんですが、それだけで事故はなかなか防ぎきれないもの。いざというときのために最新の安全装備を備えた車に乗るというのも一つの手です。昨今では多くの車に事故を防ぐための様々な機能が搭載されています。今回はその中でも、トップレベルの安全技術と呼び声高いスバルのアイサイトをご紹介。東京都杉並区の日通自動車学校で行われた体験試乗会の様子をレポートします。

初めて体験するアイサイトに「すごい!」

▲アイサイトの体験試乗会が行われたスバルのブース。新型のXVも展示され、多くの人で賑わっていました

▲アイサイトの体験試乗会が行われたスバルのブース。新型のXVも展示され、多くの人で賑わっていました

体験試乗会が行われたのは、日通自動車学校が毎年開催しているフリーマーケット会場。構内のコースの一部にアイサイトの試乗コースが設置されました。試乗会に訪れていたのは多くが親子連れ。スバルの方によると、フリーマーケットを楽しんだ後に寄っていく人が多いそうです。

そもそもアイサイトって何ぞや? という人に簡単にご説明しておくと、アイサイトとは車に搭載された「ステレオカメラ」を利用したスバルの運転支援システムのことです。今回の試乗会では、アイサイトの5つの機能「ぶつからない技術」「ついていく技術」「はみ出さない技術」「飛び出さない技術」「注意してくれる技術」のうち、「ぶつからない技術」が体験できました。具体的には、衝突の危険がある場合に、運転者がブレーキを踏まなくても自動でブレーキ制御を行ってくれる「プリクラッシュブレーキ」と呼ばれる技術です。

▲試乗車に使われたのは、スバル レヴォーグ(現行型)。体験者は受付を済ませた後、助手席と後部座席に乗り込みます

▲試乗車に使われたのは、スバル レヴォーグ(現行型)。体験者は受付を済ませた後、助手席と後部座席に乗り込みます

▲前方に向かって時速10kmほど(ほとんどクリープ状態)のゆっくりとした速度で進んでいきます
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。