体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選

あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズのスウェーデン&デンマーク編集部が、本当の「北欧スタイル」を教えよう。あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzz

01.
北欧のインテリアは
白だけじゃない

たしかに北欧諸国の人々は、シンプルで真っ白なインテリアが好きだ。おそらく理由は、白ならたいていインテリアが素敵になるし、簡単に実現できるからだろう。また北欧では、秋と冬の間は日照時間が少ないため、暗い色を使うと、1年のうち5ヵ月間を落ち込んだ気分で過ごすはめになるかもしれない。あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzzでも、北欧人は白以外の色が嫌い、と思い込んでいるならそれは大間違い。ここ数年は、白やグレーのベースにさまざまな色をプラスしたスタイルが人気を呼んでいる。写真の、アイスクリームみたいなゴージャスなパステルカラーなら、家がぱっと明るくなる。ぱっと目を引く色の壁の魅力に気付いた北欧人の数はどんどん増えているし、スタイリストやデザイナーも、ダークブルーやパステルピンク、深い緑などを自宅に取り入れて、流行を先取りしている。 

02.
ミニマリズムはもちろん
アーツ&クラフツも

あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzz無駄なものを排したシンプルなインテリアや暮らしは、北欧では相変わらず人気だし、これからもこの人気は続くだろう。デンマーク人、スウェーデン人、フィンランド人、アイスランド人、ノルウェー人が、シンプルは、余計な飾りのないインテリアに、たしかに目がない。写真のような、黒×白を複数のパターンで取り入れたり、グレーを少し加えたりするのも好きだ。このスタイルは、北欧デザインのもう1つの主要な特徴である木のフローリングにもよく似合うし、観葉植物を置くととても映える空間でもある。あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzz

でも、北欧にも色や模様をふんだんに使ったカラフルな人気スタイルがある。ミニマリストな北欧デザインよりも、むしろアーツ&クラフツに近いスタイルだ。

写真は、スウェーデンのクラシックなインテリア・ブランド「スヴェンスク・テン」が提案する空間。デザイナーのジョセフ・フランクは、暖かい色づかいの、元気いっぱいの空間を創ることで知られている。実際、一般の北欧の家庭でも、モノクロのインテリアをソフトな印象にするために、カラフルなアイテムを加えるテクニックはよく使っている。この春には、ロンドンの「ファッション&テキスタイル博物館」ジョセフ・フランクの作品が展示されていた。

03.
北欧家具は
「木」だけじゃない

あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzz北欧諸国のうち3ヵ国は森の国。だから、インテリアや家具に木が使われるのも当然のこと。ダイニングテーブルから本棚まで、どんなものでも木で作るという伝統がある。今では木以外も入手可能だが、自然を愛する北欧人は、オーガニックな素材を使い続けている。あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzzでも、新素材を使ったクリエイティブなものづくりもどんどん増えている。例えば、デンマークのスタイリスト、アンネ・リメルは、自らが主宰するデザイン企業「ディムズ」から、アクリル製の棚やプロダクトをたくさん発売している。アンネ・リメルの家も、彼女がつくりだしたカラフルな家具や小物でいっぱいの、とても楽しいインテリアだ。

04.
名作デザイン家具を
リスペクトしているけれど

あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選Photo by Houzz
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。