体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

麻婆トリオでもっとも影が薄い麻婆春雨の実力をチェック

f:id:Meshi2_IB:20170601093938j:plain

麻婆豆腐、麻婆茄子、麻婆春雨の「麻婆トリオ」。

しかし麻婆豆腐、麻婆茄子に比べてなぜか影が薄い麻婆春雨

実家でも食べた記憶は薄く、もちろん自分で作ったことなど一度もありません。日本の食事情的にも、麻婆春雨よりむしろチャプチェのほうが大きな顔をしている気がします。いいのかそれで、麻婆春雨!

そこで麻婆春雨がそこまで冷遇されるに値する料理なのか、あるいは春雨も豆腐や茄子と並んで遜色ない実力を持っているのか、麻婆春雨初心者の私が実際に作って食べて考察してみます。

f:id:Meshi2_IB:20170601094027j:plain

これは市販されている麻婆春雨の素です。

f:id:Meshi2_IB:20170601094051j:plain

春雨をゆでて、レトルトソースで数分煮込めばできあがり。具を買う必要もありません。

麻婆豆腐の記事を書いたときも感じたんですが、市販のものをそのまま使うと、本当に具が寂しい。

www.hotpepper.jp

この麻婆春雨の素、味は悪くなかったです。ただ、味の濃さでご飯が進むという面も否めない感じがしました。思いのほかつゆだくなのは、煮詰めずに汁を残すのがこのレトルトの正しい作り方だからです。

で、麻婆豆腐のときのようにこのレトルトに好みの具をどんどん加えてゴージャスに変身させようかと思ったんですが、一度も作ったことのない料理ですから、まずはちゃんと自分の力で作ってみます。そしてレトルトとの味も比較してみます。

f:id:Meshi2_IB:20170601094300j:plain

【材料】(3~4人分) 春雨 70g(乾燥した状態) 豚ひき肉 100g ピーマン 2個 竹の子水煮 70g にら 1/2束 にんじん 1/2本 きくらげ 適量

<調味料> ※豆板醤以外は混ぜておく 豆板醤(トウバンジャン) 大さじ1(好みに応じて増減を) ごま油 大さじ1 水 200cc しょうゆ 大さじ1.5 オイスターソース 大さじ1 砂糖 大さじ1 中華スープの素 小さじ1

食材をそろえていて気づいたのですが、麻婆春雨は麻婆豆腐や麻婆茄子に比べて具の自由度が高いです。

具だくさん好きなものでいろいろ用意しましたが、にらやにんじんを使わないレシピも多いし、豚ひき肉とねぎだけのシンプル具材で作るレシピ、きのこ類がふんだんに入ったレシピなどもありました。この自由度の高さは、豆腐と茄子にない魅力ではないですか。春雨よ、やるじゃないか。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。