ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ありそうでなかった「光るテラリウム」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ありそうでなかった「光るテラリウム」

ブルックリンで、ありそうでなかったテラリウムを見つけました。

ガラス内のグリーンをふんわり照らす「照明付テラリウム」です。

優しい光

ありそうでなかった「光るテラリウム」 NYを拠点に活動するRichard Clarkson Studioによるテラリウム「globe」。いちばんの特徴は、LEDライト付きであること。電気コードには、細くて丈夫なマイクロワイヤーを使用しています。ありそうでなかった「光るテラリウム」 グリーンが苔やシダ中心になっているのは、電気で照らしても枯れないように…と見越してのことなのでしょう。ありそうでなかった「光るテラリウム」 かさの部分には、水やり穴も。適度に与えてあげましょう。底に小石や砂利を敷いておけば、排水がスムーズになり、根腐れも防げます。ろ過を助ける木炭も載せておくと、なお良し。ありそうでなかった「光るテラリウム」

暗闇に持っていくと、ぼんやり優しい光が浮かび上がります。入れる植物によって光の射し方が変わってくるのも、面白いポイントです。

アイデア次第で
アレンジも楽しめる

ありそうでなかった「光るテラリウム」

ここで悩むのが、どんな使い方をしようか…ということ。

光は土で遮られて弱そうだから、目線くらいの高さに吊るすのがいいかもしれません。ありそうでなかった「光るテラリウム」 球体の中を水で満たしてみたら、光はゆらゆら揺れるでしょう。その水に少し着色料を混ぜてみたら、壁に射す影はステンドグラスを通したように色づくかも。LEDがあるからこそのアレンジも、楽しそうです。ありそうでなかった「光るテラリウム」

照明付テラリウム「globe」は、直径約30センチと20センチの2サイズ展開。自分でカスタマイズしたものを並べて、安らぎの空間を作ってみたいものです。Licensed material used with permission by Richard Clarkson Studio

関連記事リンク(外部サイト)

意外にイイかも!「テラリウム」のおしゃれな使いみち
夏のインテリアの「遊び」には、ポップな「多肉植物」がはずせない。
シルエットが愛しい!観葉植物「ウッドトピアリー」って知ってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。