ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「うどん天下一決定戦」3年連続1位!群馬の郷土麵「鬼ひも川うどん」って何?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:naruse_e:20170531215607j:plain

「『うどん天下一決定戦』で3年連続1位をとったお店が、2016年、東京にオープンしたらしい」

そんな噂を聞きつけてやってきたのは、高級ブランド店が建ち並ぶセレブの街・銀座!

f:id:naruse_e:20170531215043j:plain

歌舞伎座の裏手にあるのが、この「花山うどん 銀座店」です。なんでも群馬県館林で創業し、120年もの歴史を誇るお店なのだとか。

f:id:naruse_e:20170531215214j:plain

お店の入り口では、でかでかとディスプレイされた「『うどん天下一決定戦』 三連覇」のポスターがお出迎え。自信満々な出で立ちに、これは期待大です。

しかし、そもそも「うどん天下一決定戦」ってなんぞや? という疑問を抱えたままいざ店内へ。

f:id:naruse_e:20170531215131j:plain

席には、本店がある群馬県館林の名花・つつじの大きな1枚絵がどーんっとお目見えです。

f:id:naruse_e:20170531215254j:plain

出迎えてくれたのは、チーフマネージャーの長谷川紘也さん。

「『うどん天下一決定戦』は、全国から名乗りをあげたご当地うどんのお店が、日本の頂点を目指して戦う大会のことなんですよ。この大会で3連覇したのが、当店の『鬼ひも川』です」

と、爽やかな笑顔で答えてくださった長谷川さん。

「鬼ひも川」とは、群馬の郷土麺のひも川を約5cm幅にしたうどんのこと。花山うどんの2代目店主が考案し、大正~昭和30年代まで販売していたものを、現在の店主が50年の時を経て復刻させたのだとか。

ほほう。でも、ひも川ってきしめんとは何が違うの? 教えてちょーだい長谷川さん!

「実は、材料だけでなく作り方もほぼ一緒なんですよ(笑)。諸説あるんですが、“きしめん”という呼び名が群馬県でなぜだか“いも川”と呼ばれ始めて、それがなまって“ひも川”となったとか」

幅5cmの「鬼ひも川」のお味はいかに……!?

由来もわかったところで、それでは早速「鬼ひも川(冷)」(980円)をオーダー。

f:id:naruse_e:20170531215528j:plain

すると、なんということでしょう。まさかのたぬきの器でご登場。かわいいけれど、な、なんで?

「本店がある群馬の館林は、日本の昔話である『ぶんぶくちゃがま』の発祥地と言われているんです。この器、びっくりされる方が多いんですよ(笑)」と長谷川さん。

f:id:naruse_e:20170531215607j:plain

うどんを箸で持ち上げてみると、1本なのにこの幅の広さ! 具材は、群馬県産のむぎ豚、温玉、ねぎ、のり、かまぼこ。まずは群馬県産の小麦で作った麺を何も加えずにパクリ。小麦の甘みに加えて、コシともちもち感がとことん味わえます。これだけでも最高に幸せですが、濃い目のめんつゆをぶっかけて、具材を混ぜながら再度いただきま~す!

f:id:Meshi2_IB:20170606154434j:plain

麺の幅が広くて薄めの生地だから、つゆや具材とよく絡んで2度目の幸せタイムに突入です。し、幸せとはこのことや~!!!

群馬だからこそ作れるおいしさの「鬼ひも川」

f:id:naruse_e:20170531215729j:plain

訪れる人を幸せにするこの「鬼ひも川うどん」。今回は特別に厨房へ入れてもらいました!

本店から届く「鬼ひも川」を大きな鍋でゆであげます。麺づくりは群馬で行うことにこだわるのは、東京の水との違いから。群馬の水は軟水だから、このうどん作りに合うのだそう。

f:id:naruse_e:20170531215836j:plain

鍋に投入された「鬼ひも川」は、一瞬も目を離さずにかきまぜながらゆでていきます。

幅は広いけど、薄めの生地だからゆであがりは7~8分程度。天候や季節によってもゆで時間が異なるそうで、熟練の職人さんがそれを見極めます。

ゆで上がりは、手の感触を使ってチェック。これぞ職人の技!

f:id:naruse_e:20170531215414j:plain

▲厨房の脇で待機するたぬきの器たち。いまやいまかと出番を待ち受けるたぬきたちがなんとも愛おしい

f:id:naruse_e:20170531215921j:plain

「鬼ひも川」は、おみやげ用(972円)も! これはちょっとしたお土産に最適。話のネタにもピッタリです。

いつの世もハイカラな銀座で、話題の「鬼ひも川うどん」をいただく。最高にオシャレで最先端ではありませんか~!

お店情報

花山うどん 銀座店

住所:東京都中央区銀座3-14-13

電話番号:03-6264-7336

営業時間:平日ランチ11:30~16:00(LO 15:30)、ディナー18:00~22:30(LO 22:00)、土曜日・日曜日・祝日ランチ11:00~16:00(LO 15:30)※土曜日・日曜日・祝日のディナーは休業

定休日:無休

ウェブサイト:花山うどん 銀座店

※この記事は2017年5月の情報です。

※金額はすべて消費税込です。

書いた人:船橋麻貴

f:id:naruse_e:20170531220254j:plain

お笑いと旅と変人をこよなく愛する普通のライター。うまいものが好き。時々、羊やひよこに変身します。

関連記事リンク(外部サイト)

【まんが】 閉店直前の「スーパーの見切り品」で掘り出し物グルメ【DJメシ】
我が実家スタンダード「天丼の卵とじ」が断然うまい
【月間人気記事ランキング】2017年5月~「鶏肉をジューシーにする魔法の液体」や「バインミーの作り方」などが話題に

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。