ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

簡単計算! 走った距離×○○=消費カロリー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

簡単計算! 走った距離×○○=消費カロリー
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。6月の木曜日は5週間に渡って、青山学院大学駅伝チームのトレーナーだったことでも知られる、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに「やせやすい走り方」をテーマにお話を伺っています。

6月8日(木)のオンエアでは、シューズやウエア、さらに走る距離の目安などについて教わりました。

中野さんによると、人間の体温が過剰に上がってしまうと、脂肪を燃焼する反応が下がってきてしまうそうです。「脂肪を燃焼するには、リパーゼという酵素が必要なのですが、この酵素は体温が1、2度上がると、働きにくくなるんです。つまり、体温をあまり上昇させずに快適に走っている時の方が、脂肪燃焼の効率は良いんです。ランニングウェアも進化していて、着ているだけで体の温度を上昇するのを防いだり、紫外線を予防するものもあります」とのこと。

カロリーを気にする方も多いと思いますが、中野さんによると、自分が行った運動でどのくらいのカロリーを消費したのかが分かる計算の仕方は、自分の体重(kg)×走った距離(km)を掛け合わせるだけ。例えば、60kgの体重の人が5kmの距離を走ったとすると、およそ300キロカロリーを消費したことになるとか。つまり、60kgの人が5キロメートルずつ走るとすると、体脂肪を1kg落とすには、計算上は23回も走らないといけない(!)ということになります。

そこで、走る時のポイントをお聞きしました。「ゆっくり、長く、走ることがポイントです。頑張りすぎて息が上がってしまうと、消費カロリーは上がるものの、主に“糖質”を消費してしまいます。逆に、ゆっくり長く走ると主に“脂肪”を消費するため、効率的です」と中野さん。

では、どのくらいの距離を走ればいいかというと「男性で体重が70kgの人が10km走ったとすると700キロカロリーを消費します。チョコレートケーキ1カットで、およそ400キロカロリー。甘いケーキを食べると、今度は塩辛いポテトチップスを食べたくなるという人もいると思いますが、ポテトチップスはおよそ300キロカロリーです。ということは、10kmを走ると、チョコレートケーキとポテトチップスを食べた分をチャラにできるということなんです。10kmくらい走るようになると、ダイエット成功につながるようになります」とのことでした。

走る時は、走ったり、歩いたりするのを繰り返しても良いそうです。初めは2〜3kmを走って、半年くらいかけて10kmを走れるようになるのを目標にするのが良い、とアドバイスいただきました。中野さんのお話は、来週(15日)の放送に続きます。放送は6時30分頃からです。どうぞ、お楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】

番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。