ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大友克洋×ブリューゲル『バベルの塔』、東京都美術館で特別公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

06091
大友克洋『INSIDE BABEL』 デジタルコラージュ:河村康輔 2017年 デジタルプリント、紙 ©マッシュ・ルーム 大友克洋

大友克洋の作品『INSIDE BABEL』が、上野・東京都美術館で公開中。
『INSIDE BABEL』は、4月18日から同館で開催されている『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―』で、画家ピーテル・ブリューゲル1世による1568年頃の代表作『バベルの塔』が来日することを記念し、同作にインスピレーションを得て制作された作品。
かねてからブリューゲルを好きな画家の1人に挙げていた大友は、制作にあたってオランダのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館を訪れ、美術館の学芸員との意見交換などを経て研究と検証を重ねたという。同作では塔の内側を描くことに挑戦。内部構造を再現するために50枚を超えるスケッチを描いた。
ブリューゲルの筆致を再現するために、コラージュアーティストの河村康輔との共同制作を実施。河村は大友の手描きスケッチをスキャンし、大友の下絵とブリューゲルの『バベルの塔』から抽出したパーツや色彩を組み合わせて作品を仕上げた。
『INSIDE BABEL』は『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―』の会期中、東京都美術館ロビー階の企画展示室入り口横のホワイエに展示される。観覧は無料。

06092
大友克洋『INSIDE BABEL下絵(奥1)』 2017年 インク、紙 ©マッシュ・ルーム 大友克洋

■大友克洋『IN

SIDE BABEL』特別公開
2017年4月18日(火)~7月2日(日)
会場:東京都 上野 東京都美術館 企画展示室入り口横ホワイエ

■『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―』
2017年4月18日(火)~7月2日(日)
会場:東京都 上野 東京都美術館 企画展示室
時間:9:30~17:30(金曜は20:00まで、入室は閉室の30分前まで)
休室日:月曜(5月1日は開室)
料金:一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円 高校生800円 65歳以上1,000円
※中学生以下は無料
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。