ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米国の低価格スマートフォンブランド「BLU」が国内進出、GRAND X LTEとGRAND Mを発売へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
米国で人気の低価格スマートフォンブランド「BLU(ブルー)」がついに国内進出します。同社は Android スマートフォン 2 機種を国内向けに発売すると発表し、Amazon.co.jp やソフトバンクを通じて販売します。BLU を聞き慣れていない方は多いと思いますが、同社は国内初の Android スマートフォン「HT-03A」が発売された 2009 年に設立されたやや歴史のあるスマートフォン開発企業です。BLU は主に $50 ~ $300 の安価なスマートフォンを米国で展開していますが、直近の 2 年はスペックの向上が目覚ましく、もはや Xiaomi スマートフォンのようなコスパに優れる機種を投入しています。そんな BLU のスマートフォンが国内の正規ルートで購入できるようになります。投入される 2 機種は、「GRAND X LTE」と「GRAND M」で、GRAND X LTE は 6 月 30 日、GRAND M は 6 月 16 日に発売されます。価格は、GRAND X LTE が 13,300 円、GRAND M が 4,980 円です。GRAND X LTE は 5 インチ 1,280 x 800 ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT6737 1.25GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,400mAh バッテリーを搭載しています。GRAND M は 5 インチ 1,280 x 800 ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT6580 1.3GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM、背面に 500 万画素カメラ、前面に 320 万画素カメラ、2,200mAh バッテリーを搭載しています。GRAND X LTE は Android 7.0 Nougat を搭載しており LTE にも対応していますが、Grand M は Android 6.0 Marshmallow を搭載しており LTE には対応していません。しかし、両モデルとも FOMA プラスエリアに対応しています。Source : BLU

■関連記事
Google、最終版APIをサポートしたAndroid O DP3をリリース、バージョン番号が「Android 8.0.0」に変わる
Sony Mobile、Xperia XZ Premiumに45.0.A.5.8へのアップデートを配信開始
Chromecast、AndroidのWi-Fiホットスポット経由でのストリーミングを停止

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。