体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ムシムシ季節を爽やか笑顔で乗り切れる「梅雨ガジェット」3選!

果てしなく広がる灰色世界。解放されるクセ毛、お気に入りの服は濡れそぼり、靴の中はさながら湿地帯・・・・・・。それが「梅雨」の季節。この季節にテンションが上がるのは河童かナメクジくらいでしょうね。せめて気持ちだけでもカラッと晴れた日常を過ごしたいものです。

そこで今回は、この梅雨の季節を爽やか笑顔で乗り切るための、スマホ連携ガジェット&アプリをご紹介したいと思います!

IoTのチカラで傘が便利に進化してます!

Fantastick「JONAS」 ¥10,778(税込)

JONAS(ジョナス)は、株式会社Fantastickから販売されているスマホ連動型のIoTスマートアンブレラです。「傘はいつまで経っても進化しない」なんて言われていたのは過去の話。IoTのチカラでなんともスマートに進化しています。

JONASは専用アプリ『OPUS ONE SMART UMBRELLA JONAS』と連動させることで天気情報を取得。傘を地面にトントンッと叩くと天気を光で知らせてくれます。

左/アプリ起動時の画面 右/晴れのときは緑に、雨のとき(傘が必要なとき)は赤く光ります

JONASをさしている時に接続しているスマホにメールや電話の着信があると、JONASは傘の柄の部分を振動させて知らせてくれます。雨の日は雑音が多くなり、着信に気づかないこともあるので、これは結構重宝しそうです。

傘の置き忘れ、この季節の”あるある”です。JONASにはスマホと傘が互いに場所を確認しあう機能がついています。どこかへJONASを忘れてきてしまった時は「最後の接続場所」を確認してJONASの行方を探ることができ、反対に「家のどこかに」「クルマのどこかに」で、スマホを見失っててしまった時にはJONASを水平に数回振ることでスマホが反応します。

カラーバリエーションは全7種類。柄の部分をよく見ると、英国紳士を彷彿とさせるマスタッシュ(口ひげ)を蓄えたこのスマート傘。父の日のプレゼントとして贈るのもアリかもしれません。

忙しい朝、「天気を調べる作業」から解放してくれる!

「Umbrella stand」 8,716(税込)

Umbrella stand(アンブレラ スタンド)は、「au WALLET Market」で発売されているスマホ連動型の傘立てです。毎朝の出勤時、「今日傘を持っていく必要があるか否か」という、雨季における最重要課題に、傘立て下部のLED点灯で答えてくれます。

使用方法は、専用アプリをダウンロードしたスマホとUmbrella standをBluetoothで連携しておくだけ。スマホが3メートル以内に入ると自動的に点灯して登録地点の天気を知らせてくれます。テレビやスマホでいちいち天気予報を確認しなくても、靴を履いている時にUmbrella standが光で天気を教えてくれるのは、忙しい朝にはことのほか助かりそうです。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。