ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏に食べたい!熊谷市のブランドかき氷“雪くま”!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

6月8日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時55分~)では、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)さんが「シノン洋菓子店」(埼玉県熊谷市)を訪れた。

JR高崎線「籠原」駅から徒歩15分の同店では、熊谷名物が食べられるという。それは“雪くま”と呼ばれるかき氷だ。日本の中でも夏場の気温が高い熊谷市は、雪くまと呼ばれるかき氷をブランド化した。雪くまのかき氷と呼ばれるには、熊谷市のお水を使用し各店舗独自のシロップでかき氷を作っていることが条件となる。

テーブルの上に出された2つのかき氷は器に山盛りにもられていて、圧倒するほどの大きさだ。「いちごレアチーズ」(750円/税込)から食べ始めた片渕茜さんはふわふわになった氷をスプーンですくいながら「おいしそう!いただきまーす!」とそのかき氷を口に運んだ。すると目をまん丸く見開いて「すぐ溶けます!上に載っている生クリームといちごも美味しくて、ケーキ屋さんならではのメニューです!」と驚いた様子。

次に「マンゴーが載ってますよ~」と言いながら「マンゴーみるく」(650円/税込)を一口味わった片渕茜さんは「これは夏にいいですね!さっぱりしてる!」とコメント。スプーンがスルッとかき氷の中に入り、ふわふわの氷で作られているのがわかる。夏の暑い日に是非とも食べてみたいかき氷。“雪くま”シリーズは9月末までの販売予定だそうだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:シノン洋菓子店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:熊谷・行田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介
ぐるなび検索:熊谷・行田×カフェ・スイーツのお店一覧
満腹になっても食べたい!牡蠣フライが食べ放題のお店
まるで宝石箱のようなパフェ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。