ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SEKAI NO OWARI、新曲「RAIN」が映画『メアリと魔女の花』主題歌に決定 初回盤ジャケは米林宏昌監督書き下ろしのメンバーイラスト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
SEKAI NO OWARI、新曲「RAIN」が映画『メアリと魔女の花』主題歌に決定 初回盤ジャケは米林宏昌監督書き下ろしのメンバーイラスト

7月5日にリリースとなるSEKAI NO OWARIの新曲「RAIN」が、7月8日公開の映画『メアリと魔女の花』の主題歌に決定した。また、初回盤ジャケットとなる米林宏昌監督書き下ろしの4人のイラストも公開された。

今作は、昨年の年末にメンバーと米林宏昌監督、西村義明プロデューサーとミーティングしたところから始まった。その時点で出来ていた映画の中の重要なシーンを見ながら、監督から直々にストーリーの解説を受けたメンバー。映画への熱意に触れ、すぐにメンバーで話し合い、楽曲制作に取りかかったという。

「魔法は いつか解けると 僕らは知っている」という歌い出しから始まる優しく温かで懐かしさを感じるような、彼ら流の“王道ポップソング”に仕上がっている。また、映画『メアリと魔女の花』の劇中音楽と主題歌に神秘的な音色で奏でる打弦楽器のハンマーダルシマーを取り入れており、映画の世界観ともぴったりと重なる新曲となった。

SEKAI NO OWARI コメント
RAINはメアリの心の中を空模様になぞらえて書いた楽曲です。
映画を見終わった後、メアリの成長と共に自分も一歩踏み出してみようと思えるような主題歌にしようと、米林監督や西村プロデューサーと話し合いを重䛽ながら楽曲を作り上げてきました。
米林監督はじめ、スタジオポノックの制作陣がまさに命を削ってこの作品を作り上げる所を見させて頂きました。この作品が1人でも多くの人に届くことを願っております。

米林宏昌監督コメント
SEKAI NO OWARI のみなさんには絵コンテを見ていただき、作品のことを十分にお伝えした上で主題歌を作っていただきました。
完成に至るまでは何度もやりとりしましたが、その結果す䜀らしい一曲が出来上がり、映画のラストを温かくしめくくってくれました。
はじめて主題歌をエンディングにはめたものを観たとき、暗喩を込めたフレーズのひとつひとつがスッと入ってきて胸にせまりました。
悲しみの雨は不意にやってきて僕たちを濡らしますが、そんな中でも力強く歩いていきたいと思えるような、勇気をくれる歌です。これは僕が「メアリと魔女の花」で表現したかったことと同じで、まさに”主題”歌です。「RAIN」が映画と共に、観て聞いて下さった方たちの”主題”になってもらえたら、作り手としてうれしく思います。

リリース情報
シングル「RAIN」
2017年7月5日発売

初回限定盤A(CD+謎のDVD)TFCC-89620 1,800円+税

初回限定盤B(CD+謎解き DVD)TFCC-89621 1,800円+税

通常盤(CD)TFCC-89622 1,200円+税

関連リンク

SEKAI NO OWARI オフィシャルサイトhttp://sekainoowari.jp/
SEKAI NO OWARI | TOY’S FACTORYhttp://www.toysfactory.co.jp/artist/sekainoowari

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。