ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最先端の不妊治療ですら、かすりもしなかった私。子どものいない人生へ舵を切った直後…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚して数年後、私は神経の難病を発症しました。

一時は子供を諦めかけたのですが…主治医と相談しながら、投薬を調整しながら、頑張ってようやく妊娠許可がもらえました。

もともと生理不順など婦人系のトラブルは何もなく、基礎体温もずっと付けていて排卵日も明確だったので、すぐに妊娠できる自信がありました。

しかし半年経っても妊娠しないため、一刻も早く子供が欲しかった私はすぐに産婦人科の門を叩きました。

一通りの検査を終えて、やはり私も夫も不妊原因は何もなし。

医師からもタイミング法ですぐに妊娠するでしょう!との言葉を頂き、安心していました。

しかし、全く妊娠しないまま更に半年が経過。

人工授精をしてみますか?と聞かれて迷わず挑戦しました。

少しでも妊娠確率があがるなら…と藁にもすがる思いで。

しかししかし、やはり妊娠しないまま再び半年が経過。

後できることは体外受精しか無いけれどどうしますか?と聞かれ、やはり即決しました。 関連記事:「不妊治療をしても授かりたい?」自分自身に問いかける…妊活のプレッシャーの中で

正直この頃には夫婦喧嘩も多くなり、毎日とてもストレスフルな生活をしていました。

いくらお金と時間と手間をかけても一向に妊娠する気配がない。

周りは子育て真っ最中の幸せな友達ばかりで誰にも相談できない。

採卵のための注射や薬、遠方の病院へ連日の通院で体もしんどいけど、まさか主人には愚痴も弱音も吐けない。

体外受精までやるんだからさすがに今度は妊娠できるだとうという期待と、もしかしたら私は妊娠できない体なんじゃないかという不安で、心がグチャグチャな日々…。

本当に、終わりのない真っ暗闇のトンネルを歩いている気分でした。

何度目かの移植を終えて、気づけばまた半年経っていました。

これだけ体外受精をやっても全く着床しないんだから、私はきっと妊娠しない体なんだろうなと、無理矢理に自分を納得させようと思ったのを覚えています。

妊娠許可が出て妊活を始めてからは2年以上が経っています。

結局その間、1度も妊娠の偽陽性すら見ることはありませんでした。

ストレスが祟ったのかわかりませんが、時を同じくして持病の方が悪化してきたため、ちょうどタイムオーバーとなった感じで不妊治療は終わりを迎えました。

体中の水分が無くなるんじゃないかと思うくらい、泣きました。

子供の産めない自分を責め続け、子供の居ないこれからの人生へ絶望し、持病の治療をしていく気力すらないくらいに…。

それでも不妊治療を終えると決めて、ようやく夫婦の会話も増えて仲の良い頃に戻れた感じでした。

2人で楽しく生きていくために、気分転換のために私も働こうと思い、久しぶりの就活をしました。今後一生の仕事にするため正社員での採用にこだわりました。

希望の所から内定がもらえて、さぁ明日から初出社!とワクワクしていた日のこと。

朝から謎の不正出血が。働き出すとしばらく病院にも行けなくなるため、念のため診てもらおうと軽い気持ちで病院へ行きました。

しかし内診を終えて、医師の口から出たのは思いがけない言葉でした。おめでとうございます!妊娠していますよ、と。

頭が真っ白になりました。あれだけ最先端の不妊治療をしてもかすりもしなかった私が、まさかまさかの自然妊娠?

呆然としているところへ医師が続けました。妊娠してはいるのですが、出血があって流れてしまうかもしれない危険な状態です。このまま入院しましょう、と。

子供は諦めて完全に仕事モードになっていた私はこの時、翌日からの仕事の心配しかしていませんでした。完全にパニック状態ですね。

家に戻って入院準備をする事もできずそのまま入院とのことだったので、主人に電話をしました。

何をどう伝えたかはっきり覚えていないのですが、主人も激しく驚き混乱していて、すぐに会社を早退してきてくれた記憶だけあります。

私も会社へ電話をかけて、事情により緊急入院することになったため内定を辞退すると伝えました。大変驚かれましたが、何より一番驚いているのは私本人です。 関連記事:資格を取って就職した直後に2人目妊娠。職場に迷惑…と悩む私に「辞めたらダメ!」

それから出血が完全に止まるまで1週間ほどの入院生活でしたが、エコーで見てもまだ丸い黒い袋(胎嚢?)が見えるだけで中は空っぽですし、全然妊娠の実感もないままただひたすら寝ていただけでした。

退院する頃にようやくつわりが始まり、次の診察で心拍確認できた時に初めて喜びの涙が出ました。あぁ私、本当に妊娠したんだなと。主人と抱き合ってわんわん泣きました。

その後は嘘のように持病も安定して、妊娠経過も順調に来て今8ヶ月目を迎えました。

子供が欲しい欲しいと躍起になっていた頃はあんなに何年も何百万もかけても妊娠できなかったのに、諦めた途端にひょっこり自然妊娠するなんて…。子供は本当に授かりものなんだなと思いました。

結婚10年目で初めての妊娠です。私達の元にきてくれたこの子は何よりも大事な宝物です。

著者:のつみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

結婚は1番乗りだったのに妊娠は…。人の幸せを喜べない心も乗り越え、手を尽くした日々
原因不明の不妊と、血の繋がらない子育て
私がまさか不妊? 遅めに結婚、妊活をスタートしたけれど知らなかった課題が次々と…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。