体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アウディA4アバント低走行物件が100万円台! ただし「旧型の前期」という部分をどう考えるか?

▲性能とビジュアル、ブランドイメージ、使い勝手等においてほぼ文句なしなアウディ A4アバント低走行物件の相場が下がっているが、ただし下がっているのは「旧型の前期」。……それって果たして“買い”なのか?

▲性能とビジュアル、ブランドイメージ、使い勝手等々においてほぼ文句なしなアウディ A4アバント低走行物件の相場が下がっているが、ただし下がっているのは「旧型の前期」。……それって果たして“買い”なのか?

走行3万km台までの物件も車両100万円台! だがしかし……

複数のアウディ正規ディーラーにヒアリングしたところによれば、A4とA6においては圧倒的にアバント(ステーションワゴン)の方がセダンより人気が高いとのこと。さもありなんである。筆者個人も仮にアウディのA4またはA6を買うならば、使い勝手良しでイメージも良好なアバントを選ぶだろう。

そして今、アウディ A4アバントの旧型がけっこうお安い。

具体的には走行3万km台までの物件が、車両価格100万円台で狙えてしまうのである。まぁ「100万円台」というのは多少オーバートーク気味というか演出過多かもしれず、決して120万円とかの格安価格で買えるわけではない。ボリュームゾーンはおおむね170万円前後といったところだ。

だが、それにしたって「走行2万kmとか3万kmぐらいのアウディ A4アバントが170万円」というのは衝撃的にお安いと思うのだが、どうだろうか。

もちろん、その安さには理由がある。

まず第一に、単純な話「型遅れの旧型だから」である。

ご承知のとおりアウディ A4は16年2月のフルモデルチェンジで現行の通称B9型に生まれ変わり、アバントの方も2ヵ月遅れの16年4月、同じくB9型へと刷新された。で、現行B9型の中古車流通量が近頃それなりに増えてきたため、それに押し出される形で旧B8型A4アバントの相場がじりじりと下がってきたわけだ。要するに「古くなったから安くなった」ということである。

▲08年8月から16年3月までの比較的長きにわたり販売された旧型アウディ A4アバント。写真は前期型

▲08年8月から16年3月までの比較的長きにわたり販売された旧型アウディ A4アバント。写真は前期型

▲搭載エンジンは1.8Lまたは2Lの4気筒直噴ターボが基本で、その他モデルライフの途中までは3.2Lの自然吸気V6も用意されていた。駆動方式はFFと、アウディお得意のフルタイム4WD

▲搭載エンジンは1.8Lまたは2Lの4気筒直噴ターボが基本で、その他モデルライフの途中までは3.2Lの自然吸気V6も用意されていた。駆動方式はFFと、アウディお得意のフルタイム4WD

第二の理由は「旧型のなかでもさらに古い“前期型”だから」だ。

「旧型A4アバントの低走行物件が100万円台!」と書くとなかなかセンセーショナルだが、実際に170万円前後の車両価格で狙えるのは、08年8月から12年3月までのいわゆる前期型。シュッとしたデザインに変更された12年4月以降の後期型は今なお220万~330万円あたりが相場で、ボリュームゾーンも280万円前後といったところだ。

「旧型A4アバントの低走行物件が100万円台!」というフレーズに決して嘘はないが、「でもやはり型遅れの旧型で、なおかつその前期型である」というネガ要素はさすがにあるのだ。

そこをどう考えるべきか? というのが当原稿の主たるテーマである。

▲ちなみにこちらが12年4月から16年3月までの後期型。ビジュアルを小変更するとともに、エンジンは1.8L直噴ターボと3.2L V6が廃止され、出力特性が異なる2種類の2L直噴ターボのみとなった
1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy