ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

妊娠糖尿病で生活が一変! 毎日、血糖値を測りカロリー計算…でも赤ちゃんのためならば!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は、妊娠中期に50gGCTの検査にひっかかりました。

その数日後に75gGCTの検査をしてまたひっかかり、念のためもう一度見てみようと言われ見てみたら、やはり基準値をオーバーしていたため、妊娠糖尿病と診断されました。

私の血糖値は、食前はまったく問題がないんですが、食後2時間後の血糖値がなかなか下がらないようでした。

妊娠糖尿病になったことで、かかりつけの病院では診られないという事で、大きい病院を紹介してもらい移りました。

そして大きい病院で、病院食を食べて食事改善で大丈夫か判断するための検査入院をしました。2泊3日でした。

入院中は血液検査のため数時間ごとに採血でした。朝食前、朝食後、昼食前、昼食後…

入院中は、産科の病棟でしたが糖尿科にも診察に行きました。また糖尿病だと目にも影響があるとの事で眼科でも見てもらいました。 関連記事:妊娠後期に突きつけられた「巨大児」のリスク。プロの支えでやり遂げた食事制限

そして2泊3日して退院の時…。

病院食でもやはり、血糖値が下がりきれていなく、ひっかかってしまいました。

糖尿科の先生に「毎日、血糖値を測ってみて」と言われてキットを借りて、それからは毎食後に血糖値チェックです。

インスリンまではまだ様子見!と言われました。その日から、私の辛い妊娠糖尿病生活でした。毎日カロリー計算しながらの食事です。

食べ方も炭水化物は最後にして野菜から食べ始めました。お肉はササミなどを。そして海藻やキノコ類などを多くとりました。

すると血糖値はかなりよくなり、基準値をほぼ超えることはありませんでした。しかし逆に食べなくなったのか?体重はみるみる減っていき…

すると、検診でこのまま体重が減るよりはインスリンやってしっかり食べたほうがいいかもと言われ、インスリンだけは嫌だったので様子を見てもらうことにしました。

そして妊婦健診と糖尿科での診察を定期的にして39週で出産しました。

妊娠糖尿病の子供は巨大児になる可能性があると言われましたが、私の子供は2,350グラムの小さな子でした。

体重が少ないのと、私の妊娠糖尿病の影響がないか調べるためすぐに保育器に。

結果、妊娠糖尿病の影響はなかったようでした!

それよりも、産後の検査にひっかかってしまい、また黄疸にもなり、一緒に退院する事はできませんでした。

しかし、7ヶ月になった今はすごく元気で、よく飲みよく食べ、大きく育ちました!

妊娠中は毎日の採血のため指に針を刺し、血を出して検査して、食事も食べたいものも我慢して苦しい毎日でしたが、私の妊娠糖尿病の影響がなくて健康に育ってくれたので本当によかったと思います!

また、今回なったことによって自分の体を気にするようになりました 関連記事:1日7回、指に針を刺し血糖値とにらめっこ。食パンは1枚の半分が限界の糖尿病生活

妊娠が終わったら糖尿病ではなくなりましたが、予備軍ではありました。

そのため今も少し気にしながらの生活ではありますが、妊娠しなければ自分の体の悲鳴に気づくことが出来なかったので、気づかせてくれた我が子には感謝しています。

妊娠糖尿病と言われても、子供のためと思えば頑張れます!!

また、私はあえて周りに話しまくりました!すると、お菓子をくれることはなくなり、逆に血糖値が上がりにくいものをくれたりなど気を使ってもらえました。

1人で抱え込まず周りに沢山助けてもらった出産でした。

著者:ひかり

7ヶ月の男の子のママです!

よく泣く子で甘えん坊くんです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1日7回、指に針を刺し血糖値とにらめっこ。食パンは1枚の半分が限界の糖尿病生活
血糖を下げる注射を打ちつつ、カロリー計算された大量の食事?! 妊娠糖尿病の入院生活
待望の2人目妊娠、なのに「すぐに糖尿内科へ行って」?! 初期からの妊娠糖尿病

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。