ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フルサスペンション&カーゴタイプのハイスペック電動自転車「Load」は、利用シーンに応じてオプションアレンジ可能なのも魅力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
RieseMuller電動自転車、カーゴタイプ自転車、フルサスペンション自転車、そのすべての機能がひとつになった、自転車好き必見のハイスペック自転車が市場に登場している。Riese & Mullerが開発した「Load」という電動自転車だ。

・低重心で他とは一線を画すデザイン

非常に低重心のデザインで、ライダーの座席は自転車後方部分に配置されているため、一見して普通の自転車とは異なる外見。

ライダーの座席前側には広いスペースが確保されていて、そこに荷物を置くことができる。荷物を置いてもライダーの視界は確保されているので、安全走行に妨げはなさそう。

・幅広いオプションを用意、自在にアレンジ可能

積荷部分向けの幅広いオプションが用意されており、カーゴボックスや横並びに座る二人乗り用のチャイルドシート、ベビーシートマウント、シースルーのチャイルドカバー、防水シートなど、ニーズに応じてオプションを調整して自由に自転車をアレンジできるのがウレシイ。

RieseMuller2格子型のフレーム部分で頑丈さを増強。フルサスペンションシステムのおかげで、石畳やラフな路面でもスムーズな乗り心地を実現した。ヨーロッパの都市部を走行するときなどにも安心だ。

・スピード、パワー面でも申し分なし

Bosch社の電気モーターを搭載し、ベースモデルでは最大時速25キロメートル、トップスペック状態では最大時速45キロメートルのスピードを誇る。

パワー面でも、普通のペダルを漕いだときに比べ300%のブーストがかかり、重い荷物を載せた状態でも走行を強力にサポート。

・最大1000Whのバッテリー

RieseMuller3バッテリーは1つにつき500Wh、デュアルバッテリーにすると1000Whに達する。ひとつのチャージャーで両バッテリーを同時にチャージ可能だという。

用途や利用スタイルに応じて、自由にアレンジ可能で、かつハイスペックな性能なのが魅力の「Load」は、4599ポンド(約65万6400円)で販売している~。

Load

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。