体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夫婦で営む田中酒造がつくる愛の日本酒「君萬代」の物語。製造工程も全公開!

f:id:Meshi2_Writer:20170522161945j:plain

彼氏彼女、ご主人や奥様にプレゼントするとき、何を選びますか?

アクセサリー、旅行、食事など、多くの選択肢がありますが、要は愛が込められていることが大切ですよね。私、ライターの毎川直也は、とある日本酒をオススメしたいと思います。理由はその日本酒を造っている酒蔵を見てもらえればわかるはずです。

夫婦2人で営む酒造の日本酒「君萬代」

f:id:Meshi2_Writer:20170521180325j:plain

茨城県取手市にやってきました。ここは取手駅から徒歩7~8分、レトロなたたずまいの田中酒造。

レトロもレトロ、創業はなんと1655年。取手市は造り酒屋が多かったそうですが、そのなかで唯一残った老舗なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20170521180443j:plain

田中酒造で造っている銘柄は「君萬代」。すなわち「君と萬年」、「きみとずっと一緒」。名前からして愛の酒です。

ただ、実際の意味は「君(日本国)が萬年続くように。その国とともに萬年続けるように」なのだとか。名前の由来は、明治天皇がこの地域に行幸(ぎょうこう)した際、田中酒造の井戸水を献上した功によって下賜(かし)されたものなんです。

f:id:Meshi2_Writer:20170521180552j:plain

田中酒造を切り盛りしているのは小川さんご夫妻。奥様であるせいこさんは田中酒造の15代目、経理や営業を主に担当。ご主人の貴由さんは酒造り全体を担当しています。ちなみに出会いは同じ大学の同じゼミで、同じ半導体をテーマにした卒論を執筆したことだそう。

「君萬代」を造る田中酒造、その工程を見せてもらいましょう。

手作りにこだわった酒造り、すべて公開!

f:id:Meshi2_Writer:20170521180614j:plain f:id:Meshi2_Writer:20170521180641j:plainまずは洗ったお米を甑(こしき)に入れて蒸していきます。直接お米に蒸気をあてると米がベチャッとしてしまうので、甑の底には「疑似米」が敷き詰めてあります。
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy