ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

コルビュジエとジャンヌレが共同設計した名品家具と現代アート「gesture, form, technique IV」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

gesture-form-technique_001 Pierre Jeanneret

6 hole bookcase

PJ-R-27-A,ca.1957-58.

プルーヴェら50年代フランスの名品も

2017年5月20日(土)から6月24日(土)まで、東京・東神田の現代美術ギャラリー「TARO NASU」にて「gesture, form, technique IV」が開催されています。

「モダニズムデザインとアートの交点を探る」をテーマに開催されているシリーズ展の第4回目。Le Corbusier(ル・コルビュジエ)とPierre Jeanneret(ピエール・ジャンヌレ)が、インド・チャンディーガルの都市計画を手がけた際に設計した家具類が展示されます。

裁判所や行政庁舎といった都市の中枢機構のためにデザインした椅子、テーブル、ソファなどのほか、2人と関係の深いJean Prouvé(ジャン・プルーヴェ)、Charlotte Perriand(シャルロット・ペリアン)、Serge Mouille(セルジュ・ムイユ)らによる50年代フランスの名品も紹介。

20世紀半ばに活躍したコルビュジエとジャンヌレの仕事はその後ひとつの指針となり、ミニマリズム彫刻のDonald Clarence(ドナルド・ジャッド)や「生活の芸術化」を目指して建築家具を手がけたLiam Gillick (リアム・ギリック)、住居や工場の環境から作品を構想した田島美加などがその影響を受けた活動を展開してきました。

本展ではコルビジュエとジャンヌレのデザインとあわせて現代アート作家の作品も展示することで、改めて2人の仕事を現代的な問題へと置き換え提示しています。

アートとデザインの関わりという答えの無い問いに正面から取り組む企画展。ぜひご来場ください。

gesture-form-technique_002 Pierre Jeanneret

Easy armchair

PJ-SI-29-A,ca.1955-56.

gesture-form-technique_003 左:Jean Prouvé

Compass table

ca.1953

右:Jean Prouvé

Standard chair

ca.1950

gesture-form-technique_004 Jean Prouvé with Charlotte Perriand

Antony bed

ca.1954

Courtesy of GALLERY-SIGN, TARO NASU

gesture, form, technique IV

会期:2017年5月20日(土)~6月24日(土) 10:00~18:00

※日月祝は休み

会場:TARO NASU/東京都千代田区東神田1-2-11

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

プレミアムフライデーは木工教室へ! 新宿でインテリアワークショップ&無料木工教室体験
一挙に6種登場! MARUNI60 × 作原文子のスペシャルな限定スツール
北欧・ローゼンダール社 コペンハーゲンの第二幕開幕! 作原文子さんスタイリング空間が出現

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。