ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

いざという時に便利!HTMLで特殊文字を扱う方法【初心者向け】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

HTMLで特殊文字を扱う方法について解説しています。コードをサイト上に表示させるために必要な知識になるので、いざという時に便利でしょう。

HTMLについてそもそもよく分からないという方は、HTMLとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

特殊文字とは

特殊文字とは、「a」や「b」などとは少し違った特殊な文字のことを指します。

例えば” 大なり

よく使用される特殊文字は上の4つです。

ぜひ覚えておくようにしましょう。

 

まとめ

今回は特殊文字について解説していきました。

特殊文字は一見マニアックな知識に感じますが、実際のデザインの現場では何度も出てくる場面があります。

とっつきにくそうでも覚えておけば、役に立つ事まちがいないのでぜひ勉強しておくようにしましょう。

 

20160620

 

ltとgtについてはわかりました。タグに使われる文字をHTML上で表示したいときに使えますね。でも、&(アンパサンド)は?

 

20163020-2

 

ややこしいんだけど、特殊文字自体を表示したい場合に使うんだよ。

 

20160620

 

HTMLとして特殊な役割がある文字を表示したい場合に使うのが特殊文字。その特殊文字を表示したい場合に使う特殊文字もあるんですね。複雑ですね。

 

20163020-2

 

上の例にあるように、ltやgtを入力すると、開始タグと終了タグの文字が表示されるよね。ただ、今度は<って文字を表示する際に困ってしまうんだ。そこで&を特殊文字で表示するんだよ。

 

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。