ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

大人向け職業体験、長年にわたって人気の職業は…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大人向け職業体験、長年にわたって人気の職業は…
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。6月8日(木)のオンエアでは、「仕事旅行社」が始めた「おとなのインターン」に注目しました。

有効求人倍率1.48、就職内定率63.4%と売り手市場のニュースが続く中、社会人向けに140種類を超える職種の職業体験を企画販売している「仕事旅行社」の内田靖之さんにお話を伺いました。

仕事旅行社は、普段の生活で経験したことのない仕事を知るきっかけとして、職業体験のコンシェルジュサービスを行う会社です。利用者は25歳から30歳代前半の社会人、新卒で会社に入り、現在の仕事を続けるのかそれとも他の選択肢を選ぶのか迷っている人が多いとか。また、意外にも企業の人事部から研修の問い合わせも多く、職業体験を通して、他業種の人たちが誇りをもって仕事している姿に触れ、モチベーションを高める目的で導入する会社も多いのだそうです。

そんな仕事旅行社の新たなサービスが「おとなのインターン」です。大学生のキャリア形成のイメージが強いインターンですが、このサービスの対象は社会人。特に、異業種への転職や、仕事の幅を広げたい人向けの転職サービスです。

通常の「仕事旅行」と根本的に違うところは、「おとなのインターン」は仕事に就くことを前提に1日から3ヶ月間見習いとして仕事に従事し、長期のインターンには報酬も発生するというところ。例えば銀座のバーテンダーや企業ブランディングのコピーライター、彫金工房で結婚指輪を作るインターンなど、幅広い業種があります。

もともとは、仕事旅行社ユーザーからの「やりたい仕事が見つかったけれど全く経験がないので本当にできるか不安だし、未経験者を雇ってくれる会社が見つからない」という声から、始めたというこのサービス。中小企業に限って言えば、3年以内に3割が離職する現状の中、インターンを通して会社風土などを知ってもらうことで、長く会社にいてもらうという意味で企業にとってもメリットがあります。

内田さんはキャリアチェンジの秘訣について「偶然を計画する」というキーワードを挙げました。アメリカの心理学者の研究で、いきいきと活躍している社会人の中で8割が「今の自分のキャリアが前から考えていたものではない」と答えたそうです。予期せぬ偶然を積極的に計画するコツは「好奇心の赴くままに行動すること」、そして「持続すること」と話していました。

副業を求めて土日に職業体験する人がいるという「おとなのインターン」。仕事旅行社のホームページにはさまざまな職種が紹介されているので、興味のある方は是非チェックしてみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。