ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

アブラハム・クルズヴィエイガス新作個展『水の三部作』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

06081
アブラハム・クルズヴィエイガス『Horizontes (Part 1 of 3)』2005, Acrylic enamel glossy pink paint and chalk-board green paint on 266 found objects, Dimensions variable, Courtesy of the artist and and kurimanzutto, Mexico City

『「水の三部作 2」アブラハム・クルズヴィエイガス展』が銀座メゾンエルメス フォーラムにて開催中。
アブラハム・クルズヴィエイガスは、メキシコシティを拠点に活動するアーティスト。訪れた土地の素材を取り入れながら、石やダンボール、廃材、動物の排泄物、植物など、様々な素材を用いて制作を行なっている。
「自己構築」を意味する「Autoconstruccion」という概念に基づき、場を解釈して即興的に制作する手法を用いている彼は、これまでにイギリスのテートモダンやアメリカのウォーカーアートセンターなどで個展を行なったほか、『ドクメンタ』『ヴェネチア・ビエンナーレ』といった国際展にも参加している。
本展は、今年3か所で開催されるクルズヴィエイガスの一連の個展。
第2章にあたる東京での展示は、日本で展開された建築運動「メタボリズム」やイサム・ノグチの家具にインスピレーションを受け、バックミンスター・フラーが提唱した「テンセグリティ」、フィボナッチ数といった構造概念を取り入れながら作られた新作インスタレーションを発表する。

「水の三部作 2」

アブラハム・クルズヴィエイガス展
2017年4月21日(金)~7月2日(日)
会場:東京都 銀座メゾンエルメス フォーラム
時間:11:00~20:00(日曜は19:00まで、入場は閉場の30分前まで)
休廊日:不定休
料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。