体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

砂漠の真ん中で写真を共有?!無線LAN搭載メモリカード『FlashAir』が便利すぎる

FlashAir

無線LAN機能を搭載した新世代SDHCメモリカード

FlashAir』は、東芝セミコンダクター&ストレージ社による無線LAN機能搭載のSDHCメモリーカードだ。本製品は2012年3月10日(土)に新発売されたばかりである。

FlashAirways

今回、3月23日(金)からスタートした『FlashAirways』キャンペーンに伴い、東京原宿の「Eco farm cafe632」にてプレスプレビューが行われた。会場には“カメラ女子”でもある女優の浅見れいなさんが登場した。

東芝中井氏、浅見れいなさん

今回のプレスプレビューで披露された製品の特長、ならびにキャンペーンやプレスプレビューの様子をお伝えしたい。

砂漠の真ん中、海の上など、インターネットが無いところでも写真を共有できる

イベントでは、東芝セミコンダクター&ストレージ社メモリ事業部フラッシュメモリ事業戦略部の中井弘人氏が技術的な説明を行った。中井氏によれば「その場で、撮った写真とともに感動を共有したい」「フォトコミュニケーション」という造語を使って『FlashAir』目的のひとつを掲げた。

東芝 中井氏

『FlashAir』は、従来のメモリーカードに「webサーバー機能」「アクセスポイント機能」を持たせた製品。デジタルカメラに『FlashAir』を挿入すれば、そのデジタルカメラ(厳密にはメモリカード)が一時的に「アクセスポイント」となり、写真にアクセスできる「サーバー」のような振る舞いをする

サーバーでありアクセスポイントにも

しかしインターネット回線は必要ない。パスワードさえ共有すれば海の上であろうと砂漠の真ん中であろうと、手持ちのスマートフォンやタブレットから撮ったばかりの写真にアクセスできてしまうのだ。距離は10m程度までがフォローされる。

砂漠でも

写真は“見せてこそ”伝わるもの。しかし撮ったまま「あとで送るよ!」と時間をおいてしまい、メモリカードの肥やしになってしまうこともしばしば。そうしたことを防ぎ、新鮮な感動を共有することができてしまう製品であると言えよう。

浅見れいなさん
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。