体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アムロに憧れてパイロットを目指した。だけど、ほぼ毎日「あきらめよう」と思っていた…ーーレッドブル・エアレース千葉大会2連覇を達成したパイロット・室屋義秀氏の仕事論(後編)

困難に打ち勝つ秘訣

f:id:k_kushida:20170606095707j:plain

20年以上も無謀といえる夢に挑み続け、着実に近づいている室屋氏。日本国内での認知度の低さ、競技人口の少なさ、コーチ、ロールモデルの不在、乏しい練習環境、資金獲得の困難さなど、エアショーやエアレースのパイロットになることはもちろん、活動を続けて行く上でのハードルはとてつもなく高く、多い。これまで高く分厚い壁が次々と目の前に立ちはだかったにもかかわらず、室屋氏の心が折れなかったのはなぜなのか。なぜこれまで続けることができたのだろうか。

「身も蓋もない答えですが、がむしゃらにやってきただけです(笑)。エアショー、エアレースは日本ではほとんど知られていない、地図のない世界なので、最初にとにかく操縦技術世界一というでっかい目標だけは一点描いて、とにかくそれに向かおう、逆には行かないようにしようというのがスタートでした。でも『操縦技術世界一を目指しています』なんて言っても聞いた人は『へ~』で終わり。『なれるわけないでしょ』って言う人が99%。でもやってみないとわからないといつも思っていました。とはいえ、その夢までどうやってたどり着けばいいのか、ルートもわからないし、階段すらないので、自分で一個ずつ石を積んで階段を作って上ってきたという感じですね。

確かに資金集めに関しては本当に苦労しました。アルバイトを散々やりましたが、機体を購入してからはアルバイトでどうこうなるレベルではないので、資金援助を取り付けようと企画書を書いて企業を訪ね回りました。その数ですか?よく覚えてないですが数千社はくだらないと思います。活動を続けるため文字通り這いずり回ってましたが、日本ではエアショーなんてほとんどの人が知らないわけなので、支援してくれる会社などほとんどなかったですね。

そんな中でも続けてこられた理由としては、ただ好きだったということしかないですね。飛行機を操縦して大空を飛ぶということがたまらなく好きなんですよ。目標に向けて石を積んでいく過程で、たまに少し飛べることもあったので、それが心の支えになりました。自分が本当にやりたいこと、心から好きで楽しいと思えること、実現したい夢がはっきりしていたので、そのためにやれることをやっていくしかないというのがまずあって、その中でところどころ、純粋に楽しいと思う瞬間があったから、これまでやってこられたんだと思います」

毎日あきらめようと思っていた。でも……

f:id:k_kushida:20170606095838j:plain

こう淡々と語る室屋氏だが、確かに好きという気持ちは継続する大きな力になりえるだろう。しかしこれまでの道のりで、普通の人間ならとっくにあきらめているような困難な壁にぶつかりまくっている。室屋氏はこれまで夢をあきらめようと思ったことは一度もないのだろうか。この問いに対して室屋氏から返ってきた答えはまたしても意外なものだった。

「あきらめようと思ったことなど、ほとんど毎日のようにありましたよ。そんなに人間って強くないので、頑張れば頑張っただけどうにもならなくなるとつらいし傷つくので。むしろ目標や夢が困難であればあるほど、あきらめるとか途中でやめる方が精神的にずっと楽なんですよね。この世界は食べていけないからとか、これまで日本でこの道のプロになった人がいないからという正当な理由をつけやすい。こう言うと99%の人はそうだよねと納得します。だから行き詰まった時は、もういいや、やめちゃおうってお酒飲んで遊んでました。でもね、そうやって何もかも忘れて2、3日過ごすと忘れちゃうんですよ、つらいことを。そしてもう1回、俺は何をしたいんだっけなと考えると、やっぱりこの道を行きたい、操縦技術世界一を目指したい、じゃあもう1回頑張るか、となるわけです。これまでこれを何千回、何万回と繰り返してきて今に至るというわけです(笑)」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy