体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アムロに憧れてパイロットを目指した。だけど、ほぼ毎日「あきらめよう」と思っていた…ーーレッドブル・エアレース千葉大会2連覇を達成したパイロット・室屋義秀氏の仕事論(前編)

アムロに憧れてパイロットを目指した。だけど、ほぼ毎日「あきらめよう」と思っていた…ーーレッドブル・エアレース千葉大会2連覇を達成したパイロット・室屋義秀氏の仕事論(前編) f:id:k_kushida:20170606094545j:plain

世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高時速370km、最大重力加速度10Gの極限の状況下でタイムを競う究極の三次元モータースポーツ。それがレッドブル・エアレースだ。大空を舞台に操縦技術の正確さ、知力、体力、精神力を競う究極の競技は「空のF1」とも呼ばれている。

この世界最高峰のレースに参加できる選ばれしトップパイロットは世界でわずか14人。その中でただ1人のアジア人が室屋義秀氏(44歳)だ。昨年(2016年)は千葉大会で見事初優勝を果たし、大きな注目を集めた。全8戦で争われる今シーズンでも第2戦のアメリカ・サンディエゴ戦で勝利を手にし、続く6月4日に行われた第3戦の千葉大会でも表彰台の真ん中に立った。今季連続優勝、千葉大会2連覇を達成したわけだが、母国での連続優勝はレッドブル・エアレース史上において過去に1人しか成し遂げていない偉業である。そしてこの勝利で総合ランキングトップに。室屋氏の究極の夢である年間総合チャンピオンが俄然、現実味を帯びてきた。

しかし、日本国内ではエアレースやエアショーの認知度は低く、競技人口も少ないだけに、これまでの道のりは決して平坦なものではないどころか、困難の連続だった。室屋氏は目の前に次々と立ちはだかる分厚く高い壁をどう乗り越えてきたのか。室屋氏を大空へと駆り立てるものとは、無謀とも思える夢を実現するために必要なものとはいったい何なのか。6月4日に開催されたエアレース千葉大会の模様と合わせてレポートする。f:id:k_kushida:20170606094420j:plain

▲レッドブル・エアレース2017千葉大会で今季2勝目を飾った室屋 義秀 氏

アムロ・レイにあこがれて

まずは室屋氏のこれまでの歩みを振り返ってみよう。室屋氏がパイロットという職業に憧れをもった最初の原点は小学校低学年の時に観た「機動戦士 ガンダム」だった。言わずと知れた、その後のアニメの歴史を変えたロボットアニメの金字塔である。主人公であるアムロ・レイに強烈なシンパシーを感じ、いつか自分もガンダムのパイロットになってこの手で操縦したいと思うようになった。ちょうどそんな時、旅客機の見学会に参加し、コックピットに座ったことで、ガンダムと飛行機が重なり「大空を自由に飛びたい」という思いがふつふつと胸の奥底から湧き上がってきた。かくして室屋少年はパイロットを目指すこととなった。

その夢は年齢を重ねても色褪せることはなかった。1991年、大学に入学するとグライダー部へ入部。18歳から本格的にパイロットの訓練を開始。20歳の時には単身アメリカへ渡り、飛行機操縦免許を取得。その後、アルバイトでお金を貯め、毎年2カ月間、アメリカでの飛行訓練を積み重ねた。同時に国内ではグライダーによる飛行訓練に励み、国内競技会では好成績を収めた。

着実にパイロットとしての経験を積み重ねていった室屋氏にその後の人生を決定づける契機が訪れる。1995年、但馬空港で開催された曲技飛行競技の世界大会「ブライトリング・ワールドカップ」。世界トップクラスのパイロットたちが大空で繰り広げる究極の操縦技術を観た時、全身に大きな衝撃が走った。俺も彼らのようになりたい──「大空を自由に飛びたい」という思いが「飛行機の操縦技術世界一」という確かな夢へと変わった瞬間だった。室屋氏、22歳の時だった。

困難の連続

f:id:k_kushida:20170606094734j:plain
1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。