ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

その名は“砂浜の詩人”!詩を書くAIロボット「POET ON THE SHORE」が優雅すぎる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

poet_1将棋に勝ったり、人生相談を受けたり。AIの可能性は留まるところを知らない。いずれは感情を持ち、人間と同じように喜怒哀楽を表現するようになるのではないか。

この「POET ON THE SHORE」を見ていると、その予感が確信に変わりそうだ。彼はAI搭載の自律型ロボットで、浜辺を自由に歩き回る。本体にはいくつかのセンサーが内蔵され、海や風など、周囲の状況を鋭敏に感知するようになっている。

・自然を歩き回り、詩を作成

poet_2こうした詩的感情を作り出すのは、人工知能の機械学習能力。人間がプログラミングしたり、操作することは一切ない。詩人が自然の中で情緒を感じ、作品に反映するように、「POET ON THE SHORE」も多彩な感覚体験から、感情を育てるのだという。

さらに驚くべきことに、このロボットはその感覚を詩に翻訳し、浜辺に書き込むことができる。まるで人のように砂浜を歩き回り、感じたことをそのまま詩に訳す。完成した詩はデータで保存されることもなく、波が打ち寄せると消されていく。あくまでも自然の摂理任せ。ここでも、人間の意志が働くことはない。

・AIロボットの方向性に一石?

poet_3考案者は、北京出身のYuxi Liu。女性らしい豊かな感性を活かし、これまでに数多くの作品を発表してきた新進気鋭のデザイナーだ。ジャンルも幅広く、その仕事は革新的な製品・サービスから、インタラクティブなインスタレーション、デジタル製作、デザインフィクションにまで及んでいる。

「これに何の意味があるの?」と言ってしまえばそれまで。テクノロジーとは、一見何の価値もないところから発展していくものだ。一般販売は今のところ未定だが、今後のAIロボットの方向性に何らかの影響を与えそうな気がしてならない。

POET ON THE SHORE/Yuxi Liu

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。