体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デザイナーなら必見!どんな作業にも便利なSketch用プラグイン12選

本稿は、WebDesignerDepotのブログ記事を許可を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、ライターでありUXデザイナーでもあるJake Rocheleau氏によって投稿されました。

 

Sketch44のベータ版終了に伴い、Sketchの最も優れた機能のひとつである豊富なオープンソースのプラグインを見ていきましょう。

Sketchのコミュニティはとても便利で、ワークフローを根本から改善させるすばらしいプラグインをたくさん見つけることができます。この記事では、デザイナーの皆さんが持つべき12のベストSketchプラグインについて説明します。

なお、初心者向けにSketchの使い方も解説しているので、詳しく操作方法を見たい方は参考にしてください。

 

1. Sketch Measure

Sketch Measureは、デザイナーが開発者・プロジェクトマネージャー・および他のチームメンバーの作業を計画し、その要点を説明するのに役立ちます。

しかしこのプラグインは、自分でデザイン・コーディングすべてを行う一匹狼にとっても便利なものです。Measureプラグインを使用すると要素の幅・高さが表示され、ひと目で適切な測定を行うことができます。

ボタン・テキスト・アイコン・アートボードの主要部分など、ページ内のすべての要素を測ることが可能です。

Sketch Measureを使用すると、ページをそのままHTMLとCSSにエクスポートすることもできます。Adobeのツールでも同じことはできますが、Sketch内でこの機能がすべて備わっていることによって仕事がより簡単になります。

 

2. InVision Craft

以前にInVisionチームは新しいプラグインCraftを発表しました。これはどちらかというとプラグインのパッケージのようなもので、たくさんの機能とショートカットが追加されています。

ひとつの例として、デザイナーがWeb上のパブリックAPIからテキストとデータを直接取り出すことができるようになるDataプラグインというものがあります。これによって、実際のコンテンツと画像をその場で自動的にアプリに取り込むことが可能です。

CraftはInVisionの開発者によって常に新しい機能のプラグインが更新されており、デザイナーにとってとても価値のあるものになっています。

現在Craftには、6つの主要なプラグイン機能があり、そのすべてがデザインワークフローに追加すべきものです。
Freehand:リアルタイムでの共同作業
Prototype:動的で再現度の高いプロトタイピング
Sync:InVisionのプロトタイプとSketchのインスタント同期
Data:Webにある実際のデータを、Sketchのモックアップ上で取得する
Library:チーム全体で共有できる、クラウド上のデザインアセット
Duplicate:軽快なUIクローニング

Craftのホームページを見て、一度試してみると戻ってこれなくなるでしょう。

 

3. Sketch Toolbox

すべてのSketchユーザーはSketch Toolboxについて知っておく必要があります。プラグインのインストールとカスタマイズをとても簡単にする、優秀なプラグインマネージャーです。

Toolboxを使用すると、何百ものSketchプラグインを検索してそこからインストールするものを選ぶことができます。必要なものをクリックするだけで自動的にコンピュータにダウンロードされ、すぐに使用が可能です。

また、Sketch Toolboxはプラグインをスムーズに動作させるために自動的に更新を行います。

このプラグインはまだベータ版でありGitHubで常にアップデートされていますが、制作ワークフローで使用するのには充分です。実際、この素晴らしいプラグインマネージャーなしでは良いSketchのワークフローは完成しないと思います。

 

4. Export Assets

デザイナーにとって最も詳細なタスクのひとつとして、リソースを割り当てて開発者と共有するということがあります。すべての小さなアイコンやグラフィック、背景パターンを(通常は手作業で)エクスポートしなければなりません。

Export Assetsプラグインを使うと、このプロセスが簡単になります。このプラグインは、デザイナーがAndroid・iOSインターフェイスのアセットをエクスポートしなければならないモバイルアプリに向けたものです。@2xと@3x画面サイズのRetinaアセットが含まれています。

Sketch Exporterプラグインもチェックするのもいいでしょう。現在ベータ版であり、元々のバージョンを改良したものです。

 

5. Content Generator

前述のCraftプラグインはコンテンツの生成に役立ちますが、Timur CarpeevによるこのContent Generatorのようなシンプルなものが必要なときもあります。

このプラグインをインストールすると、以下のような自動生成されたダミー素材を入れることができます。
ユーザーアバター
ファーストネームとラストネーム
ダミー段落テキスト
カスタム文字列(位置情報・価格・CCカード番号など)

すべてのコンテンツはUnsplashやUinamesのようなオープンソースのデータベースから取得されているため、商用プロジェクトでも利用することができます。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。