体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英検、TOEIC、TOEFL! 注目のTEAP!? …英語の検定試験の違いって?

英検やTOEIC(R)、TOEFL(R)など、大学受験やAO入試に役立つと言われている英語の検定試験。

 

一定以上の点数や級をとれば大学入試で英語が免除されることも!

 

ただ、いろいろな検定があるなかで、それぞれにどんな違いがあって、自分は何を受ければいいのかわからない…という人も多いのでは?

 

そこで今回は、自分の進路に合った検定を選ぶべく、英語専門塾「J Prep斉藤塾」の講師の方に英語検定の違いについて詳しく解説してもらうことに!

 

総合的な英語力をアピールするなら「英検」

 

  「英検は文部科学省が認めている試験で、『学校の授業で学んだ英語力が身についているか』を判定する目的で作られたものです。

 

リスニング(聞く)、リーディング(読む)、ライティング(書く)、スピーキング(話す)という4つの技能がまんべんなく問われるので、英検を取得することで『総合的な英語力』があることをアピールすることができます。

 

また、2017年4月以降からは、3級以上の試験すべてに英作文が出題されるようになり、『アメリカ大統領選挙の結果を受けてどう思うか』など、時事や倫理について自分の意見を英語で伝える能力が求められるようになります。

 

そのため、3級以上を取得していると、英語力だけでなく『論理的な思考力がある』という評価にも繋がりますね。

 

英検の難易度は、準2級が高校中級レベル、2級が高校卒業レベルなので、高校生は2級合格を目指したいところ。

 

2級をもっていると、入試の際に英語の試験が免除されたり加点されたりすることもあるので、1年生のうちから徐々に先取り学習を始めて、2年生で2級に挑戦できるのが理想ですね」

[英検の概要]

試験回数:年3回

会場の数:全国230都市(団体受験の場合は学校や塾での受験も可)

受験料:準2級…4500円、2級…5800円、準1級…6900円、1級…8400円

試験形式:マークシート方式(作文は記述式)

対面式(3級以上)

 

ビジネスコミュニケーション力をアピールするなら「TOEIC」

 

英検、TOEIC、TOEFL! 注目のTEAP!? …英語の検定試験の違いって?

  「TOEICは、『英語でどれくらい仕事ができるか』を判断するための試験です。

 

出題内容は、『社外の相手との商談』や『顧客とのEメールのやり取り』などビジネスシーンを想定したものが中心ですね。

 

そのため、将来英語を使って仕事をしたい人が目指す国際関係学部や観光学部などの入試で、スコアが評価される傾向にあります。

 

TOEICは、リスニング(聞く)とリーディング(読む)の能力を測る“LR型”とよばれる試験が一般的で、広く普及しています。

 

ただ、一部の大学ではスピーキング(話す)とライティング(書く)の能力を測る“SW型”の採用も進んでいます。

 

また、海外ではSW型のスコアがないとあまり評価されないので、これからTOEICを受ける人は、LR型、SW型両方の対策をしておいたほうがいいですね。

 

ビジネスで使う難しい単語が多いので、正直、高校生がTOEICで高スコアを出すのはかなり厳しいですが、ビジネスに特化している分、大学卒業後の就職活動の際にもスコアがアピールできます。

 

入試だけでなく、将来の就職にも役立つ検定なので、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ」

[TOEICの概要]

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy