ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。

1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活で使える単語や表現を重点的に学びたいのにそれができず、遠回りしている気分になるということ。

でも、これらのジレンマを解決してくれそうなアイテムを見つけてから、少しワクワクしている。洋服の襟につけて、語学学習に役立てられる小型マイクデバイス、「ELI」。まだ試作品だが「はやく欲しい!」と思わず叫びたくなってしまった。

一体これのどこがスゴいのか、具体的なシチュエーションを例に説明していこう。

喋る言葉をピックアップ
「自分だけの英会話レッスン」

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

例えば、アパレル業界で働く男性の場合。

職場や取引先の外国人と話すときにうまくコミュニケーションをとれるか、不安な気持ちを隠せない。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

だから「ELI」をつけてみた。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

アプリと連動して、実際に話す言葉を記録・解析してくれる。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「それで寸法を出してください」という言葉からアプリが拾ったのは、「寸法」を意味する「dimensions」というワード。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「ここは部分的に素材を変えた方がいいかもね」の一言からは、「素材」を意味する「material」をキャッチ。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「それでは在庫を確認してみますね」からは、「在庫」を意味する「stock」。

その日発した言葉の
いくつかを表示

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「寸法」「素材」「在庫」など、その日に発した日本語を解析、表示。単語を選ぶと意味を教えてくれるだけでなく、会話形式のレッスンも行ってくれる。

教材に載っているような、いつ使うかわからないようなものではなく、仕事や普段の生活で発する言葉こそを本当に身につけたいはず。それは人によって違うからこそ、ELIを使えば使うほど、自分だけの英会話レッスンをすることができ、必要なポイントを効率的に学ぶことができるのだ。

さまざまな言語に対応すべく
開発は続く…

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

現在、博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム「monom(モノム)」とクリエイティブスタジオ「1-10(ワントゥーテン)」および、博報堂プロダクツが共同で開発中。「日本語→英語」だけでなく、「日本語→中国語」「英語→日本語」などの変換にも対応できるよう進められている。

Googleが主催するAndroid端末と連携するプロダクトのアイデアコンペで、見事グランプリを獲得するなど注目度は高い。個人的にもぜひ使ってみたいので、製品化が待ち遠しい。Licensed material used with permission by 株式会社博報堂

関連記事リンク(外部サイト)

絶対に続けられる、英語学習の「6つのポイント」
3,000人のバイリンガルが実践、頭を使わない「9つの英語学習術」
さぁ、世界がつながった。英語学習の新しいトレンドと未来

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。