体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

社会人になって数年。英語を学ぼうとするたびに、必ずネックになっていたことが2つある。

1つ目は、定期的にレッスンや勉強の時間がとれないこと。2つ目は、実生活で使える単語や表現を重点的に学びたいのにそれができず、遠回りしている気分になるということ。

でも、これらのジレンマを解決してくれそうなアイテムを見つけてから、少しワクワクしている。洋服の襟につけて、語学学習に役立てられる小型マイクデバイス、「ELI」。まだ試作品だが「はやく欲しい!」と思わず叫びたくなってしまった。

一体これのどこがスゴいのか、具体的なシチュエーションを例に説明していこう。

喋る言葉をピックアップ
「自分だけの英会話レッスン」

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

例えば、アパレル業界で働く男性の場合。

職場や取引先の外国人と話すときにうまくコミュニケーションをとれるか、不安な気持ちを隠せない。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス だから「ELI」をつけてみた。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス アプリと連動して、実際に話す言葉を記録・解析してくれる。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス 「それで寸法を出してください」という言葉からアプリが拾ったのは、「寸法」を意味する「dimensions」というワード。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス 「ここは部分的に素材を変えた方がいいかもね」の一言からは、「素材」を意味する「material」をキャッチ。「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス

「それでは在庫を確認してみますね」からは、「在庫」を意味する「stock」。

その日発した言葉の
いくつかを表示

「あなたに必要な英語表現」だけを、ピンポイントで学習できるデバイス
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy