体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LUNA SEA、結成28年記念日に武道館ワンマン 驚きのセットリストで体現した今なお攻め続けるバンドの姿勢——ライヴ・レポート

LUNA SEA、結成28年記念日に武道館ワンマン 驚きのセットリストで体現した今なお攻め続けるバンドの姿勢——ライヴ・レポート

LUNA SEAが結成記念日となる5月29日、東京・日本武道館でワンマン・ライヴ〈LUNA SEA The Anniversary 2017 -5.29 日本武道館-〉を行った。

同日はLUNA SEAが町田プレイハウスで初ライヴを行ってから、ちょうど28年。さらに2017年はLUNA SEAにとってメジャー・デビューから25年のメモリアル・イヤーでもある。そんな特別な日に日本武道館で行われたライヴは、当然のごとくチケットは即完売。360度の客席すべてを埋め尽くした14000人の観客を前に、久々に演奏するレア曲を含む新旧織り交ぜた全20曲、約2時間半のステージを披露した。

開演予定時刻を20分ほど過ぎた頃、場内が暗転し、SEが流れると待ちわびた客席は歓喜の声をあげる。メンバーが登場し、真矢(Dr)のカウントから強烈なグルーブが場内を包むと、最新アルバム『A WILL』収録の「Metamorphosis」からライヴがスタートした。同曲の後半から、そのまま「PRECIOUS…」へと繋ぐ。イントロで特効が炸裂すると、それを合図に SUGIZO (Gt/Violin)、 INORAN (Gt)がステージ前方に駆け出し、J(Ba)も含めた3人で思い思いに客席を煽った。

RYUICHI (Vo)が「会いたかったぜー!我らが14000人のスレイブたちよ、元気ですか?」と笑顔であいさつ。「結成日にこうして会えるのが本当に幸せです。どうもありがとう!」と感謝を告げると、「Dejavu」「JESUS」と初期から演奏されているライヴ定番曲を連続で披露し、一気に会場の温度を上昇させた。

イントロにどよめきが起こると、ここで演奏されたのはまさかの「Image」。25年前の1992年に発売されたメジャー・デビュー・アルバム『IMAGE』のタイトル曲で、これまでライヴで演奏されることはほとんどなかった。このときはじめて生で聴いた人も多かったのだろう。曲が終わると、大きな拍手が会場に響いた。

「The End of the Dream」を挟んで、重厚なミディアム・ナンバー「HURT」へ。SUGIZOのギターのノイズを遮るように、 INORAN のギターの音色が響くと、これもライヴで演奏されるのは久々かと思われる「NO PAIN」を披露。まるで鉄格子のような囲いがステージを覆うと、そこに映像が映し出され、子どもたちの笑顔の写真などが浮かび上がる。曲の後半はまるで炎に包まれた中で歌っているように、赤い光が映し出された。

アコースティック・サウンドが心地よい「I’ll Stay With You」を挟み、真矢のドラム・ソロへ。3バス・ドラムによるど迫力のドラミングで場内を圧倒すると、野太いベース音とともにJが加わり、客席も一斉に声をあげて演奏を盛り上げた。

再び5人が揃って「BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー」を披露すると、ここで再びRYUICHIのMC。これまで節目のライヴで数々の”嵐”を巻き起こしてきた彼らだが、「(今日は)晴れたね。これはひとえに僕のおかげです」とユーモアを交えて話す。「LUNA SEAは自分たちが作ってきた世界と、新たに作る世界を融合して突っ走って行く」と新作のリリースを示唆しつつ、「もう少しで30周年ですからね。おれたちが小さな町田プレイハウスで出会って結成した28年前、さすがに想像してなかった。絶対上に行ってやるとは思っていたけど、さすがに30年先は見えてなかったよね」と感慨深そうに話した。

そして「みんなに感謝の気持ちを込めて次のナンバーを届けたいと思います」という曲紹介から大ヒット曲「I for You」へ。さらに「まだまだ足りないでしょ?このままじゃ、いい子ちゃんすぎるからね。ケガしなければなにしてもいいから!」と煽り、「STORM」で再び場内の温度を高めていく。続く「TIME IS DEAD」では、ステージの至る所に移動して360度の客席を煽りながら弾いていたSUGIZO、INORAN、Jがラスト前にセンターのRYUICHIのもとに集結、4人並んで演奏するうれしいシーンもあった。

「ROSIER」で会場の熱が頂点に達し、ここで本編終了かと思いきや、すかさず最初に披露した「Metamorphosis」をラスト前のサビから再び演奏するというまさかの展開。予想外の演出に熱狂する観客を横目に、演奏を終えたメンバーはステージを去っていった。

アンコールがわりに「ハッピーバースデーLUNA SEA」という声が響くなか、再び5人が登場。RYUICHIが感謝を告げると、「まだ行けるよね?武道館、盛り上がって行くよ?」と呼びかけ、「Anthem of Light」からアンコールがスタート。続く「TONGHIT」は客電がすべてついた状態で演奏され、観客のうれしそうな笑顔が照らされていた。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。