ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ディプロ、ジャスティン不参加の「バンクロール」を公開 参加verもダウンロード可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ディプロ、ジャスティン不参加の「バンクロール」を公開 参加verもダウンロード可能に

 ディプロが2017年5月中旬頃にサウンドクラウドで公開し、ヤング・サグとリッチ・ザ・キッドのライミングと共にジャスティン・ビーバーのラップが聴けると話題になった「バンクロール」が突然削除されてしまっていたのだが、今週再び聴けるようになった。ところが、復活したヴァージョンにジャスティンの声はなく、代わりにインドネシアの若きラッパー、リッチ・チガが参加している。

 公開されたニュー・ヴァージョンの情報欄には、「独占契約を理由に他のアーティストがジャスティン・ビーバー・ヴァージョンを削除するようサウンドクラウドに要請した」と説明されているが、ディプロは当初、DJキャレドとデヴィッド・ゲッタを名指しで非難していたとComplexが伝えている。ジャスティン・ヴァージョンをダウンロードできるサイトへのリンクも張ってあり、説明文の顔文字の通り、全く意に介していないようだ。

◎「バンクロール」リッチ・チガ参加ヴァージョン
https://goo.gl/sO6kvM

◎「バンクロール」ジャスティン参加ヴァージョン
http://we.tl/2tqKywSLzN

関連記事リンク(外部サイト)

ジャスティンがラップに挑戦! ヤング・サグも参加のディプロ新曲「バンクロール」(Song Review)
ジャック Uの活動再開の可能性についてディプロがコメント
ディプロ、影響を受けたアルバム13枚をセレクト

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。