ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“一歩先を行く”電動自転車「Flash」は、パワフル&安全な走行&高セキュリティをすべて実現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Flash今、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を受付中の「Flash」は、パワフル&安全な走行、セキュリティ性の高さを誇る、“一歩進んだ”電動自転車だという。

・1度のチャージで最大80kmも走行!

「Flash」には500ワットの電気モーター、再チャージ可能な36ボルトバッテリーを搭載。おかげで1度のチャージで最大約80.5km、最大時速45kmの走行が可能になった。

ペダルアシストは0~4レベルから選べる。非常にパワフルなため、テストライドでは、8%の勾配の丘をペダルを漕ぐことなしに時速約10kmで登れたという。これなら坂道もへっちゃらだ。

・安全走行に配慮したさまざまな機能

Flash2「Flash」は安全走行に配慮されているのが大きな特徴。強力なLEDヘッドライトは約131メートル先まで照らし、フロントとリアに取り付けられたライトは360度光を放出。また、自動的にブレーキライトが点灯する機能もあり、周囲に自転車の存在を知らせる。

自動車に見られるような、ターンシグナル点灯機能もあるという。85デシベルの電気ホーンが搭載されているので、いざというときに鳴らして周囲の注意喚起を促すこともできる。

・盗難防止機能も充実

「これだけ高機能な自転車を盗まれたら……」という不安に駆られる人もいるだろう。自転車にはタッチスクリーンが設置されており、ワンタッチでアームロックのセット/解除ができる。このロックアームは、専用のスマートフォンアプリからセット/解除をリモートコントロールでおこなうことも可能だ。

Flash3また、動きを感知する盗難防止のアラーム機能があり、異常を検知するとスクリーンに警告を表示。そのまま無理やり続行しようとするとライトとホーンが作動し、フルアラーム状態になる。

すると、ユーザーのスマートフォンへ即座にアラートが送信され、お知らせしてくれる。

万一盗まれた場合にも、GPSロケーショントラッキングができるようになっているので、専用アプリで追跡をおこなおう。

・スマホアプリと連動

スマートフォンアプリと連動することで、ターンごとのナビゲーションを受けたり、現状のセキュリティ状態やバッテリー残量を確認したり、トータルの走行距離や時間などこれまでの履歴をチェックしたりできる。

自転車は心身の健康にもよく、環境への悪影響もない上、ガソリン代や維持費もかからないスグレモノ。一歩進んだ高機能電動自転車「Flash」は、市場予価の40%オフとなる早期予約価格1199ドル(約13万1300円)+配送料金~。

Flash

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。