ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『カーズ』ジョン・ラセターの愛弟子が“カーズ魂”を継承、恩師を見習い作品に反映した“私的な体験”とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『カーズ』ジョン・ラセターの愛弟子が“カーズ魂”を継承、恩師を見習い作品に反映した“私的な体験”とは?

 『トイ・ストーリー』シリーズを生み出したディズニー/ピクサーが誇る巨匠ジョン・ラセターが直々にオファーしたブライアン・フィー監督が、自分の実体験を『カーズ』最新作のストーリーに反映させていたことが明らかになった。

 『カーズ』といえば、数々のピクサー作品を手掛けてきたジョン・ラセターが自ら監督を務め、彼の私的な体験から誕生した“ラセターが最も情熱を注ぐ”シリーズである。シリーズ1作目『カーズ』(2006年)では、ラセターの父が自動車販売店に勤務し、美術教師の母の元で生まれ育ったこと、そして働き詰めだったラセターが、2か月間の休みを取りアメリカを横断した旅行で、家族の絆を取り戻したという2つの実体験が反映されている。ラセターは「車でアニメーション映画を作ることは、父と母という僕の人生の二つの大切な事柄、両親の二つの愛をあわせるようなこと」だと思い立ったそうだ。

 そのシリーズ最新作『カーズ/クロスロード』が2017年7月15日から日本公開となるのだが、ラセターから直々に指名を受け、本作からメガホンを取ることになったのが新監督のブライアン・フィーだ。フィー監督は『カーズ』と『カーズ2』(2011年)でストーリーボード・アーティスト(絵コンテを描くアーティスト)を務め、ラセターのストーリーづくりを目の当たりにしてきた。そんな彼が、「ラセターのやり方を継承したい」と、今作にも彼自身の体験を反映させていたことが明らかになった。

 本作では、これまで活躍し続けてきた主人公の天才レーサー、マックィーンが、最新テクノロジーを追求した新たなレーサーが登場するなか、人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュを起こし、人生の岐路=クロスロードに立つことをテーマにしている。フィー監督は「若い新人アーティストやインターン生たちがスタジオにやって来るんだ。彼らは僕よりも上手く絵を描ける。僕が彼らの年齢だった頃とは言うまでもなく才能があるよ」と、自身を取り巻く環境が本作を作るきっかけだったと語る。

 さらに劇中では、最大の挫折を経験したマックィーンが、メーターや新たな相棒クルーズら仲間に支えられながら「再起をかけて走り続けるのか、それとも異なる新たな道を選ぶのか?」という決断を迫られる。そんな人生の決断に、フィー監督は「世界中のどんな人も、自分よりも才能あるもっと若い人がやって来た時に、マックィーンと同じ感情を持つと思う」と、多くの人が共感できる結末になっていると説明する。これまでの『カーズ』にはないリアルなテーマに誰もが共感できること間違いなし。マックィーンに待ち受けるのは夢の続きか? それとも新たな道か? シリーズ史上最も泣ける“大人『カーズ』”は、2017年7月15日から日本公開スタート。

◎『カーズ/クロスロード』予告編
https://youtu.be/uuLDkDWXe1M

◎作品情報
『カーズ/クロスロード』
2017年7月15日(土)より全国公開
監督:ブライアン・フィー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

松岡茉優&藤森慎吾が『カーズ』最新作でピクサー声優初挑戦
奥田民生の新曲が『カーズ』最新作の日本版エンドソングに決定
愛くるしさは変わらない「ボクはグルート」9ヶ国語版ver.の特別映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。