体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“夏のお悩み”と言えば何?オズモールが東京女性のホンネをアンケート調査

みんなが気になる“夏のお悩みキーワード”は?夏のきれい習慣アンケート

「紫外線対策」に「汗・匂いケア」。夏には夏特有の悩みが尽きません。
多くの女性たちが気にかけているのは、どんなことなのでしょうか?

女性向けWEBサイト「OZmall(オズモール)」(会員数270万人)が、会員アンケートによる「東京女性のホンネ調査夏のきれい習慣」を発表しました。 

Q 美容のための習慣はある?

はい 70%
いいえ 30%

A Yes 70% 7割もの読者が“きれい習慣”を実践
きれいになるために、スキンケアから運動や食生活、生活習慣まで、なんらかのきれい習慣をしている人は7割。 “ナチュラルで健康的な美しさ”をめざす人が多く、理想の著名人として中村アンさん、綾瀬はるかさん、井川遥さんなどの名が挙がった。

Q 美容のための習慣はどんなもの?

スキンケア 52%
運動習慣 37%
食生活 31%
ボディケア 30%
ヘアケア 28%
生活習慣 22%
ハンド・ネイルケア 20%

A スキンケア 52%  1位はいわずもがなの“スキンケア”
週1回のゴマージュなどスペシャルケアをプラスするほか、その日の肌の状態に合わせたコスメの使い分けといった上級者も。2位はヨガなどの“運動習慣”、続いてビタミンや食物繊維をチャージできる野菜をとる、バランスのよい食事といった“食生活”がラインナップ。

Q 使っているスキンケアアイテムは?

化粧水 89%
乳液 57%
美容液 54%
クリーム 45%
パック 36%
オイル 25%
保湿ジェル 19%
ゴマージュやスクラブ 19%
美容液(ブースター) 18%

A  化粧水 89% 新マストアイテムは美容液やパック
化粧水、乳液、クリームの基本のスキンケアアイテムが上位に。今回注目すべきは、プラスαのアイテム。5割以上の人が美容液を使い、ブースターも合わせると7割強の人がチョイスした。美容液は東京女性のスキンケアをする上で欠かせない一品といえそう。パックの人気も上昇中。

Q どんな肌トラブルが気になる?

紫外線・UV対策 88%
美白、しみ・くすみ対策 64%
毛穴の黒ずみ・汚れ 38%
肌の乾燥 24%
肌荒れ 20%

A 紫外線・UV対策88% 読者の口コミをチェック! (一部抜粋)
・若いとき日焼け止めをせずシミそばかすが気になる(30代)
・毛穴が目立ち、シワやたるみやシミも気になる(40代)
・鼻の毛穴が開いて汚れがたまっている(30代)
・ウォータープルーフのアイラインが自分の皮脂でとれてしまう(30代)

Q 気になるボディ&ヘアのトラブルは?

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。