体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

太陽のような光で快適に目覚められる『intiSQUARE』 光目覚まし時計の起き心地は?

朝なかなか起きられないという悩みを抱えている方は多いはず。目覚ましの音で起きてもちょっとだけと二度寝をしてしまう……。そんな方にぜひ試してみてほしい目覚まし時計が、ムーンムーンより発売されている光目覚まし時計intiSQUARE(インティスクエア)だ。音ではなく、光で心地よく起こしてくれるという目覚ましを、さっそく使用してみた。

体内時計をリセットさせる太陽のような光

ムーンムーンより発売されている『intiSQUARE(インティスクエア)』(価格 税込 25,800円・発売中)は、太陽と同等の明るさで目覚めさせてくれる光目覚まし時計だ。

 

光を目にあびることで脳内ではセロトニンという目覚めを促す物質が活性化。夜になるとセロトニンはメラトニンという物質となり睡眠を促していく。セロトニンを活性化させるには2,500ルクスの照度が必要だが、コンビニの照明でも1,500ルクス程度なので、一般家庭でそれだけの光量を得ることは難しい。

 

『intiSQUARE(インティスクエア)』は最大20,000ルクスの明るさで、自然に体内時計をリセットさせて目覚めさせてくれるのだ。ちなみに、海外製の光目覚まし時計もあるが、安価なものでは光量が足りず目覚めにくいという。

目覚まし時計の本体とマニュアルなどが同封されている。起床後5分~30分程度明るい光を浴びると、職場や学校に着くころにはしっかりとした活動状態へとスムーズに入れるという。

光量を確保するために、本体には付属の充電ケーブルを接続して使用する。

本体の裏側はフック状になっており、折りたたむことでそのまま立たせることもできるほか、壁などに掛けて使用することも。

電源ケーブルを接続すると、起動音が鳴り、時間をセットできるように。右上のボタンが電源となり、左隣のボタンがメニューボタン。シンプルで使いやすいボタン配置となっている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。