ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ふるさと納税の返礼で竹宮恵子先生のエッセイや画集が手に入る!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 竹宮恵子先生といえば『風と木の詩』や『地球へ…』など、美しく繊細な漫画を描く漫画家であり、京都精華大学学長もつとめています。その竹宮恵子先生の作品が「ふるさと納税」の返礼としても手に入れることができるそうです。6月6日に、竹宮先生の公式Twitterアカウントが知らせていました。

「久しぶりに「ふるさと納税」の話題を(笑)竹宮の書籍や画集が「ふるさと納税」の返礼品になっているってご存じでしたか?税金の使い道を決められる利点を大切に♪読んでみてね!」

久しぶりに「ふるさと納税」の話題を(笑)竹宮の書籍や画集が「ふるさと納税」の返礼品になっているってご存じでしたか?https://t.co/BBktbCf3UF税金の使い道を決められる利点を大切に♪読んでみてね!https://t.co/UrpiWkvzWN:わんマネ:#竹宮惠子 pic.twitter.com/01n19HxXJd

— 竹宮惠子TAKEMIYA公式! (@trapro2017) 2017年6月6日

 添えられたリンクの飛び先は福岡県朝倉市のふるさと納税ページ。ここのふるさと納税の返礼品として、昨年一月末に小学館から刊行されたエッセイ本『少年の名はジルベール』と新潮社から刊行された『竹宮惠子カレイドスコープ』が出されていました。

 寄付金額は12000円で、さらに「朝倉市に寄付してくださる皆様には御礼の気持ちとして、A4サイズの複製画か、ポストカードいづれかをプレゼントさせていただきます。」とのこと。これは、ちょっと欲しいかもしれない……。なお、複製画かポストカードのプレゼントは無くなり次第終了とのことです。

 他にも『風と木の詩』の画集も同じく朝倉市のふるさと納税のページにありました。こちらも寄付金額は12000円で、同じく数量限定のA4サイズ複製画かポストカードがついています。

 ふるさと納税ってお肉や果物が返礼品だと思っていましたが、昨今では竹宮先生の本しかり、様々なものが提案されています。ちなみにサイトにはふるさと納税サイトならでは「生産者の声」の欄も設けられています。こちらはどうやら先生自らではなく、担当者の方が書いているようですが、それにしても一瞬クスッとしてしまいました。そうか……漫画家も生産者なのかとしみじみ。

・参考:竹宮惠子TAKEMIYA公式!(@trapro2017)
・画像:竹宮惠子TAKEMIYA公式!のスクリーンショット

(天汐香弓)

関連記事リンク(外部サイト)

あの『ハッピー・マニア』が帰って来る!!「FEEL YOUNG」8月号に続編読切
クロフネCOMICSから、新レーベル『くろふねピクシブシリーズ』が創刊!あの人気作品がいよいよ書籍化!
卯月妙子がTwitter連載開始 『人間仮免中つづきのつづき』

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。