ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ヴィンテージ】GETAMA製家具の買取について

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

現在、多くのGETAMA製品がユーズドとして流通しています。欲しくてもなかなか手に入らない人気商品で、欲しがっている方が多いというのが現状です。
今回の記事では、GETAMA製品をやむなく手放さなければならない方や、模様替え・引越し等で処分を考えているという方に向けて、中古市場で人気であるGETAMA製品の買取相場やおすすめショップについて情報提供できればと思っております。
間違っても捨てるという選択肢は選ばないでください。人気商品なので、ぜひ買取してもらいましょう!

GETAMAとは?

3562600495_f9e1155bd9_z
photo by Yusuf C

GETAMA社は今から100年以上前の1899年にデンマークのGedstedという町でマットレス製造会社として創業しました。当時のマットレスは海藻を詰めて作られおり、『GedstedTangMattress』(Gedstedの海藻マットレス)という頭文字がGETAMA社の名前の由来だそうです。GETAMA社にとってハンス・J・ウェグナーと出会ったことが大きな転機となったと言われています。この運命的な出会いにより、時代を超えたロングセラーとなるGE259などのデイベッド、GE290シリーズのソファなど数多くの製品が誕生しました。先ほども記述した通り、現在もGETAMA社製の家具はとても人気です。リプロダクト製品も多い中、GETAMAオリジナルは洗練されたデザインながら生活に溶け込み、耐久性も兼ね備えた、人生に寄り添う家具と言えるでしょう。

GETAMA製家具の買取相場

6299842186_12922eed2a_z
photo by Jonas Forth

GE240

特徴:既に廃盤となり、現在ではビンテージ品でしか入手出来ないモデル。丸みのあるデザインが印象的で、どこか女性的なフォルムの椅子です。
1Pソファ:50,000円~200,000円
3Pソファ:100,000円~300,000円

GE270

特徴:真鍮留め具のアクセント・アームのシャープな曲線が優雅な印象を与えるウェグナーデザインの椅子になります。傾斜のある背もたれも特徴的です。
1Pソファ:50,000円~200,000円
3Pソファ:100,000円~300,000円

GE290

特徴:1953年に誕生したGE290。シンプルながら色褪せることないデザインが魅力の一品です。リプロダクト製品には真似できない美しさと雰囲気を持っています。
1Pソファ:50,000円~200,000円
3Pソファ:100,000円~300,000円

DAY BED

特徴:ソファーとしてくつろぐこともできる上に、背もたれ部分を上げるとベッドにもなるウェグナーの代表作の一つです。こちらも非常に希少価値の高い一品です。
50,000円~200,000円

GETAMA製家具を高く売るコツ

null

付属されていたものを一緒に査定へ

ブランド家具全般に言えることですが、GETAMAの家具を購入したときについてきた、説明書や保証書など付属品を一緒に査定へ出しましょう。これらがあるだけでも、リプロダクト品ではなく本物のGETAMAの家具としての信頼度は高くなりますので正当な評価を受けることができます。

綺麗にしてから査定をしてもらうこと

布地がある家具に関しては、手入れが難しくなかなか綺麗に汚れを落とすことはできないと思いますが、木製部分など拭いて取れるものは汚れを落としてから査定をしてもらいましょう。それだけでもある程度の減額は避けられます。

注意点

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

運搬について

大型な家具になればなるほど、自分一人で持ち出すことが困難になってきます。出張査定で自宅に来てくれる、かつ査定員の方が運び出してくれるお店を選ばないと、自ら玄関先まで運び出さなければならない店舗もあるので要注意です。査定で自宅に来てもらう前には、必ず運搬員の人が来てくれるかどうか確認しましょう。

お店の選び方

運搬も重要な要素ではありますが、より高く売るためには、何より家具の知識が豊富な店舗に依頼することをおすすめします。通常のリサイクルショップであれば、GETAMAの家具であるという価値がわからず価格差が○万円にも開くことがあります。事前に見積金額が聞けるお店で売るという方法がマストです。

GETAMA製家具の査定基準

null

GETAMA製の家具であるかどうか

人気商品の宿命でありますが、ネットショップ等でリプロダクト品が数多く販売されています。今回ご紹介した金額は全て正規のGETAMA製家具であることが条件です。ですので、購入時の保証書などは忘れずに査定時に提示しましょう。万が一無くしてしまったという場合は、事前にお店の方へ相談しておきましょう。

傷みはどれくらいか

どれくらい傷んでいるかが査定に影響します。当然状態が良ければ良いほど高額査定につながります。逆にあまりにも傷みが激しく、壊れているものに関しては買取してもらえません。特にGETAMA製品はシート破れなどの事象が多く見受けられます。判断が難しいときはお店に相談しましょう。自分で修理した結果、査定額が下がってしまうケースもありますので注意してください。

ウニコの家具買取におすすめの店3選

<関東エリア>TOKYO RECYCLE imption

FireShot Capture 026 - 総合リサイクルショップは東京都世田谷区のTOKYORE_ - http___tokyo-recycle.net_archives_1683225.html出典:TOKYO RECYCLE imption

《ウリドキ編集部おすすめ店舗》

特徴
総合リサイクルショップのTOKYO RECYCLE imption。GETAMA製家具は高価買取実施中です。買取スタッフの経験豊富であり、家具買取実績について申し分ないです。世田谷区内5店舗、目黒区1店舗の合計6店舗にて販売も行っていることから、高価買取が可能です。出張費は無料でショップスタッフ2名で来てくれるので大型家具搬出も安心です。東京都全域、埼玉、神奈川、千葉が対応エリアとなります。エリア在住の方はぜひ。ブランド家具買取にふさわしいお店であると言えるでしょう。また、GETAMA製家具であれば宅配買取も出来てしまいます!メールにて家具の写真を送付し、事前査定を行うことで目安の金額を知ることが可能です。発送後、きちんとした査定をしてもらうことができますのでお手軽です。
店舗のアプリもあるので販売している家具も見ることができます。ここからも実績の確認ができるので安心です。

申し込みの際に「ウリドキを見た」と言っていただければ、買取価格が10%アップしてもらえるとの了承を得ることができました!申し込みの際は忘れずに伝えてみてくださいね。

買取方法:宅配買取、出張買取(都内近郊)、店頭買取(世田谷区5店舗、目黒区1店舗※事前予約必須)
【お問い合わせはこちら】  0120-987-565
0120-987-565

<中部エリア>リサイクルパーク

スクリーンショット 2017-05-24 16.19.27出典:リサイクルパーク

特徴
総合買取店である「リサイクルパーク」。総合買取店ではありますが、家具買取の実績は多く、GETAMA製品についても高価買取に期待できます。大きいものから小さい家具まで、また家具以外のものもまとめて売ることが可能です!
対象エリアにお住いの方は、まずはこちらのお店で見積もり査定額を出してもらうといいでしょう。事前問い合わせで商品の概算査定や出張費の有無を確認できますよ。

買取方法:店頭買取(愛知県名古屋市緑区桃山)、出張買取(愛知県・岐阜県・三重県)、宅配買取

<関西エリア>神戸ファーニチャーズ Wish

スクリーンショット 2017-05-24 16.57.14出典:神戸ファーニチャーズ Wish

特徴
デザイナーズ家具買取専門「神戸ファーニチャーズ Wish」。デザイナーズ家具買取専門とだけあって、家具への愛情が感じられる店舗です。買取の実績も多く、GETAMA製家具についても高価買取に期待できます。
見積もり・出張費は完全無料。対象エリアは兵庫県内を中心に出張を行なっているので、県内にお住いの方は利用してみましょう!

買取方法:出張買取(兵庫県内)

<九州エリア>フルツール

スクリーンショット 2017-05-24 17.11.53出典:フルツール

特徴
総合買取店の「フルツール」。専門知識を持ち合わせていること、直営店で販売していることから高価買取ができると自負があります。買取実績も多く、GETAMA製家具についても高価買取に期待できます。安心して取引できますね。
家具以外もまとめて売るのにもおすすめです。

買取方法:店頭買取(福岡県福岡市南区寺塚)、出張買取(福岡県内)、宅配買取

GETAMA製家具をを買取してもらいましょう!

32862323794_fc86e00c8f_z
photo by Ian Livesey

廃盤の影響から中古市場で人気のGETAMA製家具。買取価格の相場などをみていただき、とても高値で取引されていることがわかっていただけたと思います。
ぜひGETAMAの家具は処分ではなく買取へ出しましょう。GETAMA製家具を買取に出す際はこの記事を参考していただければ幸いです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。