ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

中東主要国の国交断交の影響 カタール行きの航空機がイラン上空で渋滞状態に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
qatar_air_01

2017年6月5日に、サウジアラビア・UAE・バーレーン・エジプト・イエメン・モルディブなどがイスラム主義組織ムスリム同胞団への支援やイランとの接近を理由に国交断交に踏み切り、中東諸国に新たな火種が生まれています。その影響もあり、ドバイ行きの航空機などはサウジアラビアをはじめとする断交各国の上空を通過できなくなっています。
カタール航空は、公式サイトでサウジアラビア・UAE・バーレーン・エジプト線の全てのフライトを当面の間運休とする旨アナウンスしています。

航空アナリストのアレックス・マーカス氏(@AlexInAir)は、カタール航空の飛行状況の画像つきで、次のようにツイート。


「カタール航空の飛行機は現在、完全にサウジアラビアを避けています。イラン上空はちょうど今混雑しています」というマーカス氏がいう通り、サウジアラビアをはじめとする断交した国々を避けて、ペルシャ湾やイランを通過するようになり、渋滞状態になっているのが一目瞭然。

ほかにも、レバノン・ベイルート発のドーハ行きの飛行機はシリア北側からトルコ・イラン上空を通って向かっています。また、サウジの国営航空サウディアもカタール領内を避けて飛行している一方で、UAEのエティハドはカタール上空を飛び続けている模様。

旅客便の飛行経路にも大きな影響が出ていることが見て取れる中東情勢。今後の各航空会社の動向も注視したいところです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/AlexInAir/status/871879089216421889 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。