ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イギリス旅行で買いたいお土産16選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イギリス旅行で買いたいお土産16選

イギリス・ロンドンは人種のるつぼ、そして歴史ある大都市として知られ、毎年世界中から多くの観光客が訪れます。イングランド、ウェールズ、スコットランドといった様々な街には、数多くの絶景があり、自然の宝庫としても知られています。

魅力的なイギリスへ行きたいけど「どんなお土産を買うべきなの?」と感じている方も多いはず。そんな方のために今回は、イギリスならではのお土産を16選ご紹介します。

*編集部追記
2016年6月公開の記事に新たに9選追加しました。

 

紅茶

つんじじさん(@starmie_love)がシェアした投稿 – 2017 3月 4 6:41午後 PST

イギリスといえば、やはり紅茶好きなイメージが強いですよね。イギリスの紅茶は、ブランドの数やフレーバーも多く、自分の好きなものを選び放題で迷ってしまうほど!

日本で買うよりもずっとリースナブルで、パッケージデザインも魅力的なものが多いです。

 

ショートブレッド

Valentina 🌺さん(@vale_kt)が投稿した写真 – 2016 1月 10 4:23午前 PST

スコットランド発祥のショートブレッドは、バターの風味が豊かで素朴な味わいが美味しいお菓子です。もちろん紅茶とも相性抜群で、食べ始めるとついついたくさん食べてしまいます。

お土産に紅茶とセットで渡したら、好評を得ること間違いなしです!

 

ニベアのリップバター

The Beauty Beat CZさん(@thebeautybeatcz)が投稿した写真 – 2016 5月 25 3:02午前 PDT

イギリス限定商品!日本では手に入らない、ニベアのリップバター。パッケージも可愛く、また使い心地も良いので女性へのプレゼントとして一押しです!

ドラッグストアで気軽に買うことができ、また価格もリーズナブルです。

 

マルドンの塩

Katie Collisさん(@katie_collis1)が投稿した写真 – 2016 5月 22 7:45午前 PDT

海水のみで作られた、ミネラルがたっぷり含まれたマルドンの塩。伝統的な手作業で丁寧に作られた塩を使うと料理が格段に美味しくなると評判!

イギリスでは低価格なのですが、日本では高い値段で販売されているので、お土産としてオススメです。

 

タンノックのティー・ケーキ

taraさん(@taraloveslu)が投稿した写真 – 2014 11月 24 5:00午後 PST

庶民から愛される、イギリスの国民的お菓子です。マシュマロをチョコレートでコーティングしており、紅茶と共にいただくそう。高級菓子ではありませんが、素朴な味が老若男女問わず人気なのだとか。とーっても甘い分、紅茶の味が引き立ちます。

 

レモンカード

Teresa M. Branciaさん(@liltere)が投稿した写真 – 2016 6月 7 5:08午前 PDT

日本ではあまり馴染みのないレモンカードは、レモン汁に卵、バター、砂糖などを足して作ります。レモンの香りと甘酸っぱさが美味しく、ジャムとして使ったり、レモン風味のスイーツを作ったりと様々な用途に使われています。

料理が好きな人にプレゼントしたら、感激されちゃうかも⁉︎

 

マーマイト

yuuさん(@yuuuu_maas)がシェアした投稿 – 2016 9月 22 1:20午前 PDT

好き、嫌いがはっきり分かれるマーマイト。味は塩辛く、「これ美味しいの?」と思わず聞きたくなる不思議な味です。ユニークなお土産として、友達とのパーティーに持っていっても良さそう!

食べきるのが難しいので、小さいサイズのものを購入するのがオススメです。

 

オクソ

photo by shutterstock

固形スープの元祖・イギリスのブイヨンメーカー「OXO(オクソ)」の調味料もマストチェックです!料理に使用したり、カップにキューブを入れてお湯を注ぎそのままスープとして飲んだりと、使い道が豊富です。料理好きな方へのお土産におすすめ。

関連記事リンク(外部サイト)

100均で買える旅行を快適にするアイテム6選
コーラが1本800円!? 旅して感じた世界の物価に驚きを隠せない!
観光本では知れないイギリスを完全ガイド!
心温まる感動作「ラブ・アクチュアリー」のロケ地巡り♡イギリス観光に、ロマンチックな旅はいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。