体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タヒチ在住24年日本人夫婦が愛する「まぐろのSASHIMIソース」とは?

f:id:Meshi2_IB:20170601091207j:plain

寿司が世界のSUSHIになってから、生魚を食べることへの抵抗がなくなった外国人はきっと多いことでしょう。しかし日本から約1万キロ離れた南の島タヒチでは、SUSHIが世界に認められる前から、レストランでも家庭でも「SASHIMI」が食べられてきました。呼び名もそのまま「SASHIMI」です。

フランス領ポリネシア、通称タヒチ。南の楽園とうたわれ、美しいラグーンに囲まれた島に浮かぶ水上コテージは、ハネムーナーの憧れでもあります。ゴーギャンが晩年を過ごした地でもありますね。

四方を海に囲まれているため漁業が盛んで、南太平洋で収穫されたまぐろの多くは日本へ輸出されるそうです。そしてもちろん、タヒチアンも日常的に魚を食べます。一般的なのはまぐろの赤身(赤身のみ、トロは好まれません)と白身魚のシイラ(現地ではマヒマヒと呼ばれます)など。

シイラはソテーするメニューをよく見かけますが、まぐろは生のままが人気です。冷水で締めてライムとココナッツであえたポワソン・クリュはタヒチを代表する料理のひとつですし、SASHIMIもタヒチの食生活になくてはならない存在です。

ただ赤身のため、味わいはあっさり淡白。そこで現地ではしょうゆ&わさびのほか、タヒチならではのSASIHIIソースでも食べられます。これがおいしいのです!

市販もされていますがどのお店、どの家庭にも「うちの味」があり、固定のレシピがあるわけではありません。しょうゆ、オイスターソース、マスタードの3種はほぼ共通で使われるようですが、その分量もまちまちだし、それ以外にケチャップ、にんにく、コショウ、砂糖などは入れたり入れなかったり。

そこで今回はタヒチのランギロア島に24年間住んでいた夫婦おすすめのレシピをご紹介します。

こちらは奥様。ご協力ありがとうございます!

f:id:Meshi2_IB:20170601091402j:plain

ランギロア島で暮らしていた頃は、まぐろは知り合いの漁師さんから買っていたそうです。価格はフィレ(切り身)が1キロ約1,000円。首都パペーテのあるタヒチ島でもほぼ同じか、もう少し安いお店もあるかもしれないそうです。さすが現地、日本より安い! あ、でもタヒチの物価は基本的にとても高いです。

f:id:Meshi2_IB:20170601091550j:plain

まずこちら、日本で食べるまぐろの赤身の刺身。

f:id:Meshi2_IB:20170601091658j:plain

タヒチでは薄くスライスします。肉でいえばそぎ切りみたいな感じ。柵ではなく、スライスされたまぐろを買ってください。まぐろの形状は結構大事なので、ここは守ってくださいね。

f:id:Meshi2_IB:20170601091735j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会