ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

JASRAC 音楽教室における演奏権について会見を実施、3通りの方式で使用料を徴収

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
JASRAC 音楽教室における演奏権について会見を実施、3通りの方式で使用料を徴収

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、6月7日、楽器教室における著作権使用料について記者会見を行い、新たに「音楽教室における演奏等」を設ける旨等の届け出を文化庁に行ったと発表した。

今回の届け出では、楽器教室だけでなく、ボーカルレッスンなどの歌唱指導も含める規定を新たに制定。また、使用料の徴収方法として、JASRACの管理する楽曲を利用した講座の収入から、1)教室事業者が受けた前年度の受講料徴収の2.5%を使用料として徴収する「年額使用料」、2)受講者数と受講料からみた売上に対し、5%相当の額を徴収する「月額使用料」、3)受講者数と受講料からみた売上に対し、0.5%相当の額を徴収する「曲別使用料(1曲1回5分まで)」の3通り方式が設けられる。

例えば、先生が演奏・歌唱した場合、生徒が演奏・歌唱した場合の両方に演奏権は発生するため、「曲別使用料」を選択した場合は2曲分の使用料が発生することになる。

また、2.5%の使用料はあくまでも上限規定であり、「音楽教育を守る会」などから具体的な規定の実施にあたって協議の申し出があれば、いつでも協議に応じる準備があるとしている。

2)月額使用料

3)曲別使用料(1曲1回5分まで)

今後は、10月を目処に書面もしくは面談で許諾手続きを進めていき、2018年1月より実施する予定。開始当初は、楽器店・楽器メーカーの運営している約9,000の教室を対象に徴収を行い、個人運営の約2,000教室については、管理体制が整った段階で対象にしていく方針だ。

これまでの経緯として、JASRACは、今年1月、音楽教室などで楽曲を使用する場合、生徒も不特定の「公衆」にあたり、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏や歌唱は「演奏権」に及ぶとして、2018年1月より著作権料を徴収する方針を固めた。

これを受け、ヤマハ音楽振興会や河合楽器製作所など、JASRACの方針に反対する音楽教育事業者が「音楽教育を守る会」を設立。5月30日には「音楽教育を守る会」に参加している約270団体が集団提訴することを公表している。

関連リンク

日本音楽著作権協会(JASRAC):http://www.jasrac.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。