ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

30~120インチまで投影!DLPプロジェクターで、リビングの壁がたちまちスマートTVに変身

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DroidBOXGO大画面で映画鑑賞やゲームプレイを楽しみたい、そんな人には「DroidBOX GO Android 4.4.2 KitKat mini handheld pocket Pico DLP LED projector」がよさそうだ。

ポケットサイズのポータブルなDLPプロジェクターで、壁をたちまちスマートTVに変えてしまう。

リビングの壁に映してテレビや映画を観たり、インターネットコンテンツを表示したり、あるいはアウトドアシーンで用いたり。大画面ならではの大迫力で、多人数で楽しめる。

・使用されているLEDは超長寿命!

使われている高輝度LEDは、およそ5万時間の寿命を持つ。つまり、毎日3時間使ったとしても、30~50年は利用できる計算になる。

DroidBOXGO2HD解像度のスクリーンディスプレイは16:10スケールで、だいたい1080pワイドスクリーンと同サイズ。

プロジェクション距離は1~5メートル。プロジェクションカバーサイズは30~120インチ。32GB QuadCore ARM Corgex-A7プロセッサ搭載。内部バッテリーは再充電可能で、最大連続使用は時間3時間ほど。

・スマホなど他デバイスと接続も

本体には“メニュー”“戻る”“左”“右”“決定”などのボタンのほか、HDMI出力端子やイヤホンジャック、USBコネクタ、カードスロットなどが付いているため、スマートフォンやキーボードなどの他デバイスと接続が可能。使い方の幅が広がる。三脚タイプのプロジェクターマウントも用意されているので、画面を固定させるのに便利だ。

DroidBOXGO3“DroidBOX Share”という専用アプリと連動しており、ポケットサイズのポータブル性を生かし、好きなコンテンツを持ち歩くことができる。

・Indiegogoで出資募集中

Bluetooth Speakerとポップコーン1袋が付いた限定プランは、プロジェクターのみのプランと同じ据え置き価格150ドル(約1万6400円)。オトクなこのプランは50オーダーのみ受け付けしている。

DroidBOX GO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。