体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法

生活・趣味

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法
子どもの目が結膜炎になったなどの理由で、親御さんがお子さんに目薬をささなければならないことがあります。

お子さんの中には目薬を嫌がって、なかなか目に薬が入れられないとお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、目薬を嫌がるお子さんに上手にさす方法を眼科医の岡先生に解説していただきます。

子どもが目薬を嫌がる原因

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法
子どもが目薬を嫌がるのは、下記のようなことが原因です。

■ 目薬の先が見えて怖い
■ 落ちてくる瞬間の目薬が怖い
■ 目を大きく開けられるのが嫌
■ 目に入る時にしみる
■ 冷たいなど違和感が強い
など

子どもに目薬をさす必要がある疾患や症状

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法

結膜炎

痒みが出るアレルギー性結膜炎、風邪をひいた時などになりやすい細菌性結膜炎、人に移る結膜炎などいろいろあります。目の充血や目ヤニが出ます。

ものもらい

まぶたが赤く腫れて痛みが出ます。炎症を抑える点眼や軟膏治療を行います。

逆さまつ毛

まつ毛が目につかえて角膜に傷ができる場合、点眼治療が必要になります。涙目、眩しがるなどの症状が出ます。

先天性鼻涙管閉塞

生まれつき涙が目から鼻に抜ける通り道(鼻涙管)が詰まるものです。

目ヤニなど伴う場合は、点眼治療を行います。

異物

目にゴミなどが入って目に傷が付いたり、結膜炎を起こした場合、点眼治療を行います。痛みや充血、涙目、目ヤニが出ます。

ヘルペス角結膜炎

まぶたのふちに小さな水泡を認め、充血や目ヤニが出ます。

大人と子どもで目薬の成分に違いはあるの?

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法

病院で処方される目薬

大人用、子ども用などの区別はなく大人も子どもも同じ点眼を使用します。

市販の目薬

子ども用の目薬は防腐剤、香料、着色、界面活性剤、清涼化剤などの使用を控え刺激が少ないものが多いようです。

上記のような違いは、さし心地などの違いであって成分自体の違いはないようです。

子どもに上手に目薬をさす方法

【眼科医が教える】目薬を嫌がる子どもに上手にさす方法
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会