体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマ『今夜もLL』エピソード3、WEBER&山崎紘菜のインタビューを公開

エンタメ

実際に開催されたリアルなライブ映像とそのアーティストが主人公であるドラマが同時進行するという新感覚テレビドラマ『今夜もLL(LIVE&LOVE)』(TOKYO MXで毎週水曜日にオンエア中!)。そのエピソード(3) 「僕らのライブ大事件」のメインキャストであるWEBERと山崎紘菜についてインタビューを敢行!
ドラマ『今夜もLL』エピソード3、WEBER&山崎紘菜のインタビューを公開 (okmusic UP's)

WEBER インタビュー
デビュー記念ライブ開演前に届いた爆破予告の脅迫状。WEBERはライブ制作会社の新人・結美とともに爆弾テロ阻止に死力を尽くすーー。そんなスリル満点のドラマでの演技や見どころなどについて、メンバーに訊いた。

ーーこのドラマのコンセプトを聞かされた時、どう思いましたか?

J:

お得!って印象を持ちました。ライブの僕らを知ってくれてる人は、普段に近い、ライブをしていない僕らを観れるし、まったく知らない人からは、人間性を知れる上で普段の本当にライブしてる姿を観れるのでお得だなと思いました。

ーーエピソード(3)「僕らのライブ大事件」の台本を読んだ時の印象はどんなものでしたか?

little Skeet:

メンバーの性格や色みたいなものが台詞や行動にくっきり反映されてる!というのが第一印象でした。個人的にこの台本を読んで、実生活での行動(天然な部分)を少し反省しようと思いました。

ーー実際の初Zeppライヴがドラマと連動していたことに関してはいかかがでしたか? 当日のライヴはいつも以上に緊張が高まったりしました?

Taka.:

ライブの後半につれてめちゃめちゃ緊張しました。そのライブが終わった後、そのままワンシーン撮るってことだったし、初めてのドラマのくせになかなか台詞が長くて、ワンフレーズ歌詞を飛ばしてしまいました。

ーー実際にドラマのストーリーを演じてみていかかでしたか? 

Hayato:ドラマに出演させていただくのは初めてでしたし、緊張もありましたが、ヒロインの山崎紘菜さんをはじめ、共演者の皆様やスタッフの皆様が、楽しい雰囲気を作ってくださって、楽しく撮影に挑むことができました!

ーーちなみにリハーサルシーンで、Taka.さんとJさんが激しく意見を闘わせていましたが、実際にもそういうことはあるのでしょうか?

J:

あそこまではないです(笑)。どちらかと言うと、Taka.に意見をもらって、僕がそれを聞いて、いろんな方法でかたちにしていくことが多いです。

ーーTaka.さんはメインキャストですが、役作りで意識したことは?

Taka.:

自分を演じるということだったんですが、周りのイメージやキャラでこう見られてるんだなってところはすごく勉強になりました。あとは、とにかく周りに迷惑を掛けないようにと必死でした。

ーーヒロインの山崎紘菜さんとの共演はいかかでした?

Taka.:

めちゃめちゃに緊張してしまって、すごく迷惑と気まずい雰囲気を抱かせてしまいました。人見知りであることをこんなにも後悔した期間は今までありませんでした。

ーーどんなシーンが一番印象的でしたか?

Hayato:

一番最初の撮影が 『WEBER First Zepp LIVE “Adventure”』のアンコール終了後だったんですけど、Taka.の長台詞のシーンが一番印象的でした!

1 2 3 4次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会