体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーの説く「仕事で優先順位をつける」方法とは?

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第11回の今回は、「仕事で優先順位をつける方法」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170515175332j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記の名言について解説いたします。

【本日の名言】

「優先順位の決定には、いくつか重要な原則がある。すべて分析ではなく勇気に関わるものである。第一に、過去ではなく未来を選ぶ。第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。第三に、横並びではなく独自性をもつ。第四に、無難で容易なものではなく変革をもたらすものを選ぶ」

(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

最近、ようやく世間でも「捨てることの重要性」が認知されつつあるように思います。巷では、『人生がときめく片づけの魔法』『フランス人は10着しか服を持たない』など、それに関するベストセラーも誕生しています。ちなみに世界的なミリオンセラーとなった『人生がときめく片づけの魔法』の著者・近藤麻理恵さんと私は、同じ出版塾で机を並べて一緒に勉強した同期生です。当時から、近藤さんの高い志には触発されたものでした。

換言すると、捨てるというのは優先順位を入れ替えることです。これは、私生活に限ったことではありません。仕事においても当然同じことが言えます。

なぜ、仕事に「優先順位」が必要なのか?

「優先順位をつける」とは、仕事に取りかかる順番を決めることを言います。他人から依頼された順に処理しながらも、「納期までのタイムリミット」や「顧客の重要度」などを基準にするのが基本です。そうはいっても、「どの仕事がどれくらい重要なのかがわからない」という方も多いのが実情だと思います。それは仕事を依頼してくる人が、どれも必要な仕事だと思って頼んでいるからです。このような現状に、示唆を与えてくれるのが本日の名言です。

順番をつけた結果、仕事を後回しにされた人のことが気がかりになるかもしれません。

ドラッカー氏が「優先順位づけに必要なのは、分析ではなく勇気だ」と述べている理由がここにあります。万一、「選べないから」といって、どれも少しずつ手をつけることは、「もっともやってはいけないこと」だと氏は言います。仕事とはある一定期間、集中し徹底的に向き合わない限り、突出した成果は出せないからです。だから、選んでいく必要があります。

無意識に顧客をないがしろにしてしまう理由

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。