体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「毎日死ぬかと思ってた」 園子温監督『東京ヴァンパイアホテル』夏帆&満島真之介インタビュー

Vampire_1

6月16日(金)より『Amazonプライム・ビデオ』にて配信される『東京ヴァンパイアホテル』(全9話)。園子温監督にとって初のオリジナル脚本となるドラマシリーズは、地球の滅亡を図る吸血族と人類の戦いが描かれる。

このたび、今作でドラキュラ族のK役を演じる夏帆さん、吸血鬼コルビン族の山田役を演じる満島真之介さんを直撃。二人が「毎日死ぬかと思ってた」「夢を見ているようだった」と語る壮絶な撮影の裏側について話を聞いた。

tvh_sub_c2

日活撮影所の3ステージをベースに撮影を行い、ヴァンパイアの故郷ルーマニア・トランシルヴァニア地方の地下道や、ドラキュラ伝説にまつわる古城などでもロケが敢行された今作。物語は怒涛のアクションと銃撃戦から幕を開け、演じる本人たちでさえ「どんな方向に向かっていくのか分からなかった」という。

TVH_kaho

夏帆:「台本を読んだだけでは全く想像がつきませんでした。撮影と並行して台本が完成していったので、私自身、Kという役柄については現場で徐々に知っていきました。撮影前は不安で仕方がなかったです。私はルーマニアの現場がクランクインでしたけど、その時はまだ脚本の土台ができたくらいの段階で、何が何やら分からないままルーマニアに行って、直前にルーマニア語のセリフを覚えなくちゃいけなくて。現地のルーマニア人スタッフも“これはどんな作品なの?”という状態で、かなり混乱した現場でした」

それでも、実際に完成した作品を見た彼女は、「撮影現場と出来上がった作品とのギャップが凄い」と園監督の手腕に舌を巻く。

夏帆:「完成した作品を見て、こんな作品だったのかと驚いたし、自分はこんな顔ができるんだと新たな発見がありました。今まで自分でも見たことのない顔が映っていました。ルーマニアの場面が凄く良いんですよ。作品が締まるし、ヴァンパイアものとしての説得力が増していました」

tvh_sub_i

一方、Kと敵対する山田は、人間の若い男女をとあるホテルに集め、「明日世界は滅び、このホテル内にいる人間だけが助かる道が残されている」と宣言する。演じた満島さんは、「不良やヤクザ、幽霊や妖怪などとは違う、日本の文化にはない役柄なので、演じる上でワクワクしかありませんでした」と目を輝かせた。

TVH_mitsushima

満島:「ヴァンパイアについて描かれている作品はたくさん見ましたけど、僕らは僕らの世界観を作るしかないと思ったし、それしか方法がないということを理解しました。信仰や文化、生きるマインドが全く違うので、それなら日本独自のヴァンパイアを描こうと。根底のメッセージとして、日本と世界の関わりの中で日本がどうあるべきか、時事的なものを踏まえて園さんの観念や精神がガッツリ盛り込まれています。表面的にはエンタメだと思わせていますが、一石を投じるものになるんじゃないかなと思ってます」

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。